\サクッと最新話ネタバレへ/

弱虫ペダル422話『決意の朝』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2016年49号】

週刊少年チャンピオン2016年49号
発売日:2016年11月2日(水)

定価(電子版):270円 税込

弱虫ペダル RIDE.422『決意の朝』

2年目インターハイ!!
最後の闘いの場へと いざ、行かん!!

前回のお話は ↓↓

週刊少年チャンピオン2016年48号 421話『光を見た者たち』

スポンサーリンク

RIDE.422『決意の朝』ネタバレ!!

心の支えだった巻島さんが はるか遠くイギリスから応援に駆け付けてくれた事実。
そして東堂尽八との歴史に残る(?)決着に立ち会ったこと。
すっかりモチベーションを持ち直した坂道の活躍が期待されるインターハイ3日目の朝です。

登場人物

◆総北

・寒咲 幹
・橘 綾
手嶋 純太
・青八木 一
小野田 坂道
今泉 俊輔
・鳴子 章吉
鏑木 一差

◆箱根学園

・泉田 塔一郎
黒田 雪成
・銅橋 正清
葦木場 拓斗
新開 悠人
真波 山岳(遅刻)

◆広島呉南

・浦久保 優策
・(塩野)
・(里崎)
・(東村)
・庭妻 

マネージャーの祈り

寒咲 幹
皆すごく強くなった
レースでも強かった
でも・・・
今年のインターハイでは まだ1枚もゼッケンを獲れていない・・・

 

幹ちゃん、祈るような気持ちで臨みます。

寒咲 幹
今日が最後のレース
2年生として走る最後のインターハイ
最後に願いをかなえてほしい

 

やはり大本命?! 注目の箱根学園

2日目のゴールを京伏・御堂筋に奪われたものの、それまで全てのゼッケンを手にしてきた箱根学園。
注目度はやはりナンバーワンの様子。
スタートライン近くで、マスコミの取材を受けています。
2日目、ゴール前に2人 送り込んだのは箱根学園だけでしたもんね。

最終日、キャプテン泉田は取材陣に向かって宣言しました。

泉田塔一郎
最後のゴール
箱根学園は黄色いゼッケンだけを獲りに行きます!!

箱根学園は最後のゴールを初めから全力で狙ってくるという、いわば全チームに対する宣戦布告です。
キャプテン泉田率いるチーム箱根学園は、王者復権をかけた闘いに挑むのです。

泉田の覚悟

泉田塔一郎
今日は全てを捨てて走るよ 雪成ユキ 
黒田雪成

 

泉田塔一郎
キャプテンとしての最後の役割だ 雪成ユキ 
黒田雪成
塔一郎・・・ 

スイマセン寝過ごしたみたいです

『小さな峠』でクライムレースを繰り広げる2つの光を見た真波クン、はやる気持ちを抑えられず、後輩の監視を振り切り、自転車を走らせるんですが・・・
レースには間に合ったのか、間に合わなかったのか、まぁどちらにしても寝るのが遅くなったんでしょうかね、王者奪還のかかるインターハイ最終日という局面に、まさかの遅刻です。笑

真波山岳

あの人の声で「いやぁ・・・寝すぎたね」を聴くのが そりゃもう楽しみです (//∇//)

代永翼 × 真波山岳
声優・代永翼という性別とあざと可愛い生き方について―真波山岳@弱虫ペダル

スポンサーリンク

絆のスクラム

手嶋純太
最後の日まで来た!!
6人全員で つないできた!!
キセキを信じるか?! 
手嶋純太
今まで死ぬほど積んできた
全てを出し切ってコースに倒れても キセキを信じる力は届く
想いをつないで もし最後のヤツの最終ライン前の差が数cmになったら・・・

手嶋純太「その想いが背中を押すはずだ!!」

うん、そうだとイイね、手嶋さん!!

週刊少年チャンピオン 弱虫ペダルRIDE.422『決意の朝』

入りたい・・・ココに、仲間に入りたい!!

弱ペダって、好きになればなるほど さみしさの募るマンガなんですよねぇ実は。
私がおかしいのかもしれませんけどね。
『あっち側』に入りたくて仕方なくなってきちゃうんです。

マネージャーですから

青八木センパイのヒザの調子が思わしくないことに幹は気付いていました。
救急箱のサポーターと痛み止めが全部なくなっていたんです。
(他のメンバーに何かあったら足りないね! 大変!!)

青八木
心配する必要はない
オレは3年間あこがれた このジャージで インターハイの最終ステージに立てている
最高のメンバーと共に
それだけでオレの望みは全て叶っている

オットコマエなこと言ってスタートラインへ向かいます。

暗雲が・・・

広島呉南に見慣れないギザギザ頭の人相の悪い、いかにもガラの悪そうな人物が・・・。

去年のインターハイで皆をハメた待宮のおかげで、”広島のことは信じるな” “広島は裏切るぞ” というウワサ(ていうか事実)が流れ、今年の呉南もどうやら思いどおりに動けなかったもよう。

浦久保優策
今年の広島はアットホームでフレンドリーなチームなのにのぅ

アホ言え。誰が信じるんじゃ。

そして、やはり案の定です。
鳥を撃ち落とす猟師のように、弱っている敵を見つけて潰そうと画策していたのです。

そこへ運悪く足を引きずった青八木サンが・・・。

浦久保優策
弱った黄色いヒヨドリ・・・・じゃ ナハ!!
ちょっと1弾目を撃ち込んでくるか

RIDE.422 まとめ

なぁ浦久保。
言うとくけどヒヨドリは黄色じゃねーで。

ヒヨドリ

Google先生に聞きました

 

青八木サン最後まで走れるのかなぁ。
心配・・・。

次回のお話は ↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す