弱虫ペダル425話『最終日、スタート!!』ネタバレ!あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2016年52号】

週刊少年チャンピオン2016年52号
発売日:2016年11月24日(木)
定価(書籍版):280円 税込
定価(電子版):270円 税込

RIDE.425『最終日、スタート!!』

真波山岳まさかの遅刻?!
始まりからハラハラさせますね。笑

しかし、冒頭で『まなんちょ』が見られるとは思ってもみませんでした。
今日はオニギリの差し入れ渡せそうかもっ (//∇//)♡
がんばれ宮原委員長!!
(インハイはもちろん総北を応援するけどね。笑)

前回のお話は ↓↓

弱虫ペダル424話『それぞれのスタートライン』ネタバレ!あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2016年51号】

2016.11.17

スポンサーリンク

RIDE.425『最終日、スタート!!』ネタバレ!!

積んで走って想いを乗せて、栄光をめざし、インターハイ最終日、開幕!!!!

真波山岳まさかの遅刻?!

まなみん

あっれ もうスタートしてる
いっけね!
こりゃあ完全に遅刻だね

 

一方、スタートライン際で真波クンをカメラにおさめようとしている宮原委員長。
わざわざ泊りがけでバスを乗り継いで応援に来たらしいよ。
愛を感じますね (//∇//)・・・♡

委員長

山岳がスタートするとこ見られないじゃない!!

 

まなみん

やぁ おはよう委員長♪
スタート見に来たの?

 

天使の笑顔です。
間に合ってヨカッタね委員長。ふふ。笑

委員長に荷物を預けてレースへと繰り出す真波クン。
一瞬で戦う顔に変わった山岳には、委員長でなくても惚れ直すぞ (//∇//)♡

根性注入や!!

鳴子章吉

早めにスカシに合流したれ
さみしゅうて泣いてまうかも分からんからな

 

坂道

うん、分かった!!
鳴子くん!! お願い!!

 

鳴子章吉

ワイの根性も積んで行け!!

 

 

根性注入、大好物です♡

 

手嶋純太

頼むぞ小野田!!

 

青八木

すぐに追いつく
待ってろ

 

カブ

小野田さん 気合です!!

 

約束

スタート直後、坂道は応援席をスタートラインに向かって逆走する真波クンとすれ違います。

まなみん

後で追いつくよ!
コースの上で また会おうよ!!
坂道くん!!

 

スタートラインの箱根学園

スタートラインではキャプテン泉田、副キャプテン黒田、銅橋がスタートの合図を待っています。

ユキ

集中力は上げてきたかよ?

 

まなみん

ええ!!
そりゃあもう!!

 

ユキ

ハッ!! 上等だ!!

 

王者奪還に向けて箱根学園が最後の1歩を踏み出します。

スポンサーリンク

愛すべきバカ

カブ

いつでも飛び出しますんで 言ってくださいよォ!!

 

青八木

・・・・・・・・・
飛び出すなよ!!

 

カブ

はいっ!!
ああ・・・!!

 

飛び出す『な』と言ったのに飛び出すバカかわいい鏑木。笑
青八木さんにジャージのスソをつかまれ、止められます。

先頭集団

一方、2日目のゴールスプリントを競った今泉、御堂筋、悠人は先頭を争うように走っています。

2日目トップゴールを獲り異様なパフォーマンスを披露したことですっかり観客を味方につけた御堂筋。
会場全体が京伏の空気に包まれ、今泉クンは少しやりづらそう。

湖沿いの平坦で何とか合流できれば、総北の展開はかなりラクになります。

今泉俊輔

後ろにいるのは小野田・・・!!
頼むぜ・・・!!
早めに来てくれよ小野田!!

 

追走!!

そのときです。後ろから歓声がわきました。
追走が来ていることは確か。
坂道でありますように・・・。

今泉クンは祈るような気持ちで、カーブを抜けてきた その影を確認しようと振り返ります。

その影の正体は、箱根学園の3年エース葦木場さんでした。

葦木場拓斗のwiki!身長・体重・誕生日・血液型や謹慎の理由を調査!【弱虫ペダル|箱根学園】

2016.10.27

箱根学園はゴールを狙えるエース級が2人。
総北は早くもピンチを迎えます。(京伏も?)

サカミチ視点

先頭集団の4人がはるか遠くに見えます。

けっこうな距離でした。
でも、真っすぐで強い芯を持った坂道は、どんなに差をつけられていても折れたりしません。

坂道

でも行く!!
待ってて今泉くん!!
それがボクの役割だから!!

 

フェイズ82発動?!

坂道と前後して走っていた京伏キャプテン水田。
今泉の姿を見て勢いづいた坂道を阻〔はば〕むべく、『フェイズ82』なる作戦を発動します。

どうなる坂道?! 

RIDE.425 まとめ

今回は、手に汗にぎるような、どうなるのか?! どうなるのか?! とドキドキしながら次ページをめくるような、そういった展開はありませんでしたね。

というわけで、今号の見どころは、何と言っても真波クンの遅刻~からの~天使のスマイル~からの~

まなみん

オレちょっとインターハイ走ってくるから!

 

戦う男の顔、ですよね (//∇//)♡
繰り返しになりましたが。

あっ、そうそう、冒頭の部分でスタートラインに居た委員長、真波クンから荷物を預かるんですが、やっぱりオニギリ渡しそびれちゃいました。残念賞。

次回のお話は ↓↓

弱虫ペダル426話『カベを越えて』ネタバレ!あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2017年01号】

2016.12.01

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

『弱虫ペダルふぁん.com』の中の人

ムスメがなかなか次の消しゴムはんこを作ってくれないことと、中国地方での放送が2日後であることに不満を隠せない弱ペダ大好き主婦、42歳。
推しメンは荒北靖友。「バァーカ」ってデコ小突かれたい (//∇//)♡

この記事を読んで弱ペダがもっと好きになったらシェアよろしくね *^_^*♪