弱虫ペダル453話『残り3kmの激突!!』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2017年31号】

週刊少年チャンピオン2017年31号
発売日:2017年6月29日(木)

RIDE.453『残り3kmの激突!!』(20ページ)

ムスメ
原作マンガ53巻に収録されてるよ!
¥463 (2018/11/15 09:06:35時点 Amazon調べ-詳細)

RIDE.453『残り3kmの激突!!』登場人物

 総北高校

◆1 小野田坂道
◆2 今泉 俊輔
◆3 鳴子 章吉
◆5 手嶋 純太
◆6 鏑木 一差

  箱根学園

◆1 葦木場拓斗
◆2 黒田雪成
◆3 真波山岳
◆4 泉田塔一郎
◆5 銅橋正清
◆6 新開悠人

 広島呉南工業

(出てきません)

 京都伏見

(出てきません)

RIDE.453『残り3kmの激突!!』ネタバレ

鏑木一差
ほっるああああ
銅橋正清
ブッハァアア
ムスメ
闘牛士 VS 水牛・・・w
銅橋のバイクがメリメリ悲鳴を上げてるよ・・・

箱根学園が加速しました。
同時に総北も。

山のふもとまで残り少し。
スプリンターたちの最後の勝負が始まるのです。

スポンサーリンク

最後!!

今泉俊輔
(最後だ)
鳴子章吉
(最後や)
手嶋純太
(鏑木!!)
小野田坂道
(鏑木くん!!)
黒田雪成
(行けよ)
泉田塔一郎
(引きちぎれ)
葦木場拓斗
(銅橋)
真波山岳
銅橋バシくん)
新開悠人
(銅橋さん!!)

3日目のスプリントラインまで残り1km。

最終日は山の頂上までスプリンターを連れて行く必要はありません。
山に入れば、スプリンターの活躍の場はもうないからです。

山の始まる手前の平坦区間がスプリンターにとっての最後の仕事場。
山に入る前までにチームを有利なポジションへ送り届けるため、全力で引きます。

スポンサーリンク

愛の告白?!

銅橋正清
(山のふもとまで残り3km切ったァ!!)

おいオレンジ
てめェと こうして並んで走んのも1日目以来だな

鏑木一差
ブタ・・・!!
銅橋正清
『銅橋さん』だろうが
ブハ!!
てめェ よく ここまで来た

1日目 オレとバトって
2日目 ヘトヘトになって
あのまま帰ってこねぇと思ったからな

1年のくせして、よくここ・・まで生き残った!!
勢いだけのバカかと思ったが、てめェ、意外にマジメに練習するタイプだろ!!

鏑木一差
そ・・・そんなことはない!!
カゲで努力など

オレ様はコソ練などしない!!
天才だから!!

銅橋正清
ブハ!!
言うぜ!!
練習やってねぇヤツは ここまで来れねェんだよ

オレはマジメに練習するヤツは好きだぜ!!
正しい!!

鏑木一差
・・・・・・

おまえ こんなときに愛の告白か!!

銅橋正清
するかバカ

文脈 読み取れ!!
選手としてだよ!!

あきれるぜ!!
バカも才能のウチかァ?!

(レース中に敵ほめたの おめェが初めてだよ!!)

鏑木一差
何なんだブタ
銅橋正清
さぁて 見えたぜ ゲートだ!!
3日目 最後のスプリントラインだ!!

スプリンター最速の あかし グリーンゼッケンをきそ
ラストラインだ!!

スポンサーリンク

ラストライン

観客
総北と箱根学園ハコガク、チームで並んで来てる!!
観客
どっちが獲るんだ?!
観客
スプリント対決だ!!
観客
しかも先頭を引いてるのは、1日目のラインを争った総北6番とハコガク15番の銅橋
因縁いんねんの2人!!
観客
オオオ すげぇ!!

沿道の観客も盛り上がりを見せています。

銅橋正清
出ろよオレンジ!!
ほらラインは見えてるぜ!!
鏑木一差
銅橋正清
泉田さんは言った
スプリントも山もどうでもいい・・・『くれてやる』
オレたちは十分にゼッケンを獲った!!
あとはゴールだけだ!!

飛び出しゃいい
ゼッケンはすぐそこだ
出ろよ
後ろのチームメイトを切り捨てて!!

小野田坂道
て・・・手嶋さん!!

坂道は鏑木が銅橋の挑発に乗ってしまうのではないかと気が気でない様子。

観客
どっちが飛び出すんだ?!
観客
残り200m!!
銅橋正清
名誉が欲しいだろ!!
勲章が!!
飛び出せよオレンジ!!
観客
残り100m!!
観客
まだ並んでる!!
観客
総北6番かハコガクか?!
観客
残り70m!!
観客
まだ飛び出さない!!
観客
空気の読み合いなのか?!
観客
どっちが先にしかけるんだ?!
観客
行けハコガク!!
観客
総北ゥ!!
鏑木一差
オレはな・・・1日目のスプリントが終わった後、青八木さんに誓ったんだ
次におまえと闘うことになったら、絶対に負けねェと!!
ムスメ
出る?!
出るの?!
坂道が心配してる・・・
鏑木一差
だから!!
観客
残り50m!!
小野田坂道
手嶋さん!!
ムスメ
出るなってオーダー出したほうがいいんじゃないかって思ってるんだね、坂道
小野田坂道
今、鏑木くんが1人で出たら、チームはバラバラに・・・・・・
止めないと・・・
観客
ワアアアア
小野田坂道
(歓声にかき消されて声が届かない)
観客
残り30m!!
観客
スプリントを獲りに行くのはどっちだ?!

スポンサーリンク

鏑木一差

小野田坂道
(え?!
飛び出さない・・・・・・鏑木くん!)

箱根学園6名と総北5名、ほぼ同着。

鏑木は銅橋の挑発に乗りませんでした。
最後の平坦でスプリント勝負をかけなかったのです。

銅橋正清
よく耐えたじゃねェかオレンジ
鏑木一差
あ?! 耐えた?!
当たり前だ!!
オレは青八木さんに走りで教えてもらって 託されて今チーム引いてんだ!!
チームのために走ってんだ!!

だから おまえとの勝負は山の手前までだ!!
ここじゃない!!

銅橋正清
だから飛び出さなかったってワケかよ・・・ブハ!!
残り2kmの・・・・・・勝負か!!
泉田塔一郎
・・・・・・!!
小野田坂道
(何だか・・・鏑木くん・・・)

(成長してる)

ムスメ
成長したねぇ
中の人
感慨深いものがあるね
ムスメ
次回は鏑木と銅橋のスプリント勝負が繰り広げられるわけだね!
楽しみ ♪

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください