たいせつな人に何を贈りますか?

弱虫ペダル454話『支えあうチーム!!』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2017年32号】

週刊少年チャンピオン2017年32号
発売日:2017年7月6日(木)

RIDE.454『支えあうチーム!!』(20ページ)

ムスコ
原作マンガ53巻に収録されてるよ!
¥463 (2018/12/13 13:20:47時点 Amazon調べ-詳細)

RIDE.454『支えあうチーム!!』登場人物

 総北高校

◆1 小野田坂道
◆2 今泉 俊輔
◆3 鳴子 章吉
◆4青八木 一(回想)
◆5 手嶋 純太
◆6 鏑木 一差

◆インハイメンバー以外(回想)
段竹 竜包
杉元 定時
・ゴリ蔵?
・澤田?
・?

◆卒業生(回想)
・金城真護
・田所 迅
・巻島裕介

  箱根学園

◆1 葦木場拓斗
◆2 黒田雪成
◆3 真波山岳
◆4 泉田塔一郎
◆5 銅橋正清
◆6 新開悠人

 広島呉南工業

(出てきません)

 京都伏見

(出てきません)

スポンサーリンク

RIDE.453『残り3kmの激突!!』ネタバレ

レース中のカブの成長には目を見張るものがありました。

手嶋も青八木も古賀さんも認める『期待の1年』なのです。

託された『想い』

坂道は、胸のあたりが くすぐったくなる、何だか正体のわからない『思い』に、胸を熱くしていました。
1年生のときは感じたことのない気持ちです。

坂道らは2年生に進級し、1年生が入部。
その1年生も少しずつ成長しました。

勝つことだけに真っすぐだった鏑木が、総北の走りを確実に受け継いでいるのです。
金城、田所、巻島ら先輩が教えてくれた、総北の走り。

『支え合い、託した者の想いを背負って走る』総北の走りを、今、鏑木が全身で再現しているのです。
皆を引いて後方に散った青八木さんの想いも積んで。

鏑木一差
絶対に逃がすかよ 箱根学園ハコガク!!
オレは青八木さんに託されてチーム引いてんだ!!
銅橋正清
その想い、千切ってやるよ
オレンジ!!

スポンサーリンク

鏑木の成長

小野田坂道
(成長してる
どんどん速くなっていく
それを肌で感じることができる)

やっぱり自転車ってすごい!!
巻島さんに託された想いを受け継ぎ、走りで語り、もっともっと先に進む。

鏑木の成長を目の当たりにし、決意を新たにした坂道でした。

黒田雪成
ヤツらのプレッシャーが跳ね上がってる
ありゃあヤバいやつじゃねぇのか
泉田塔一郎
鏑木くんのがんばりに 皆の士気が高まった、というところかな?
いいだろう・・・

そろそろだ
行け、銅橋
ヤツらのそれ・・を絶望に変えてやれ!!

銅橋が雄たけびを上げます。
本気を出すときの合図であるかのように。

銅橋正清
悪りィな オレンジ
お遊びは終わりだァ

このジャージは狭ェんだよ!!
オレはハミ出す男

銅橋正清だ!!

中の人
何せフルネームを名乗る人の多いマンガだよね
ムスメ
そだね
今泉くんなんて、独り言の中でもフルネームつぶやくしね

先ほどの一撃で総北は、箱根学園に100~200mの後れをとりました。

鏑木一差
絶対 追いつく!!
絶対 追いつく!!
オレは離されねェんだよ

箱根学園に追いつくため、全開で引こうとグリップに力を込める鏑木。

そのとき・・・

体勢を変えた瞬間、鏑木の左ももがつり・・ました。

ムスメ
痛いよね・・・わかる・・・
何しろ私、経験者だから~
中の人
杉元じゃないけど、たいがいの大人は経験者だろうね
ムスメ
それにしても、自転車で走ってる最中なんかにツッったら どうやって治すんだろう?
やっぱり反対向きに引っ張るのかな・・・?
中の人
つった部位によっては、自転車を止めないと引っ張れないよね
泉田塔一郎
追いついてこれないようだな 総北は
1年生の彼には荷が重すぎたかな?

残念ながら この勝負、箱根学園うちの勝ちだ

スポンサーリンク

支え合うチーム、総北

手嶋純太
知らねえのかよ泉田!!
総北うちは支え合うチームなんだよ!!

今泉、鳴子が鏑木に代わって引き、鏑木を下がらせました。
後続の坂道は、自分の肩を使い 脚を止めて治すよう鏑木に言います。

ムスメ
鏑木くん、つったところをモミモミしたね!

絶妙のタイミングで助けに入った2年生トリオ。
2人のエースが先頭に出てチームを引き、山王が肩を貸します。

鏑木一差
(何だよ これ!!
最高に気持ちがアガる!!)
ムスメ
手嶋さんは・・・
中の人
自分は来年もういないからってことで、一歩引いて見守ってたんだよ、きっと
今泉俊輔
治ったか鏑木?!
追いつくんだろうな!!
銅橋には負けねェんだろ?!
鏑木一差
はい!!
鳴子章吉
キバってこいや!!
目立ってこいや!!
男は目立ってナンボやで!!
鏑木一差
はい!!

(今なら言い切れる!!
総北は最高のチームだ!!)

つった脚のリカバーを済ませた鏑木は、先頭に出て振り返り、3人に向かって頭を下げました。

週刊少年チャンピオン2017年32号 454話『支えあうチーム!!』

鏑木一差
先に言っとこうと思って

チームのために

中の人
あ、フラグ立った・・・
ムスメ
気づかなかったことにしよう・・・
鏑木一差
(チームのためにオレは走る!!)
ムスメ
もしかして、最終的に2年生トリオだけになるのかな
中の人
うーん・・・そうなのかな・・・
手嶋さんも 浦久保とのバトルで とうに足オワってるだろうしな・・・

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください