弱虫ペダル462話『産声』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2017年41号】

 

週刊少年チャンピオン2017年41号
発売日:2017年9月7日(木)

RIDE.462『産声』(21ページ)

中の人
原作マンガ54巻に収録されてます!
created by Rinker
¥463 (2018/10/18 10:39:07時点 Amazon調べ-詳細)
ムスメ
今号は52巻の発売日と重なったね
created by Rinker
¥463 (2018/10/18 10:39:08時点 Amazon調べ-詳細)
中の人
今日、メール便で届くわ
週チャンで1度は読んでるけど、やっぱり楽しみだねぇ

RIDE.462『産声』登場人物

 総北高校

◆1 小野田坂道
◆2 今泉 俊輔
◆3 鳴子 章吉
◆5 手嶋 純太

  箱根学園

◆1 葦木場拓斗
◆2 黒田雪成
◆3 真波山岳
◆4 泉田塔一郎
◆6 新開悠人

 京都伏見

(今回は出てきません)

RIDE.462『産声』ネタバレ

黒田雪成
お待ちかねの平坦だ 塔一郎
行けよ!!
ジッパー閉めろよ泉田塔一郎!!
泉田塔一郎
当然だよユキ

毎度おなじみ、本気の泉田はジッパーを上げます。

手嶋純太
初めからここで泉田を使うつもりだったのか
ここから先は高原の上の平坦道だ
黒田雪成
ヤツらを蹴散けちらせ
引き離せ 塔一郎!!

箱根学園の最速スプリンター泉田がチームを連れて加速します。

手嶋純太
離されるな!!
全開で追え!!

総北キャプテン手嶋から今泉にオーダーが出されました。

黒田雪成
(正直ムダだぜ総北!!
絶対 追いつかねぇ)

(うちの泉田はスーパースプリンターだ
その塔一郎が『全身』けて走ってんだからな!!)

【校正ポイント】

原作では『賭』が使われているが、用法の間違い。

〇『全身』懸けて
×『全身』賭けて

『賭ける』・・・金品を賭ける、社運を賭ける など、賭け事に対して使う。
『懸ける』・・・命を懸ける、賞金を懸ける、神に懸ける、じっちゃんの名に懸けて など。

 

中の人
後に出てくる『危険な賭け』は『賭け』でOKっす
黒田雪成
(すまねぇな
ありがとよ 塔一郎)
中の人
あ・・・フラグ立った・・・
ムスメ
立ったね・・・

泉田くんはチームのために走り、今年も昨年同様に散るのでしょう・・・。

スポンサーリンク

作戦変更

2日目の夜、箱根学園の宿舎でのこと。

泉田塔一郎
作戦変更?!
明日のレース、山での作戦にボクを?!
黒田雪成
そうだ

明日はどのチームも登りが始まる前までにスプリンターの役割を持ってくるだろう

けど、コースマップを見れば、温泉街の登りが始まる手前に2.5kmの平坦がある

↓↓ ここですね。

黒田雪成
休みどころってとらえんのがフツーだろうが、そこをえて攻撃に変えたい
泉田塔一郎
だとすれば、その前の平坦はどうする?
平坦を引けるのは・・・・・・
黒田雪成
ああ
銅橋1人ってことになる
銅橋正清
かまわねェよ 泉田さん
平坦の最後はオレ1人で十分だ
黒田雪成
確実な差をつけたい
泉田塔一郎
ユキ・・・

ボクは平坦屋だ
そのプランだと、最初の山を一緒に登らないとならない
山でペースアップが起これば、千切れる可能性もある

危険な賭けになるかもしれないよ

黒田雪成
いや・・・・・・
塔一郎 おまえなら それもできんじゃねーか て思ってんだ

3年間ハコガクで走って、スプリンターでありながらキャプテンのカンバン背負ってやってきた おまえならな

オレはずっと見てきたから わかるよ
今の おまえは たぶん 自分が思ってるより3倍 強いよ!!

中の人
『3倍』・・・
割とひかえめな数字にしたねw
ムスメ
ほんとだねw
10倍とか100倍とかじゃないんだ

スポンサーリンク

泉田くんと黒田くん

泉田とユキは、幼いころから一緒でした。
どんなスポーツも優雅にこなすユキに、実は密かな憧れを抱いていた泉田。

泉田塔一郎
(だから、ボクが誘った自転車に興味を持ってくれたことは うれしかった)

(同じ箱根学園に進んで自転車をやるって聴いたときも うれしかった)

けれど、懸命にやるうち、いつの間にか泉田はユキを追い越していたのでした。

優劣がつきました。
2年生にしてインターハイメンバーに選ばれた泉田に対し、ユキは真波との登坂レース(F組レース)に負け、インハイの出場権を逃しました。

泉田塔一郎
心配 要らないよ ユキ
キミはもともとポテンシャルが高いんだ
今年はダメでも来年なら
【ポテンシャル】

英語で表記すると『potential』。
潜在(内に秘めて持っている)能力のこと。

ユキは激高げきこうし、泉田の胸ぐらをつかみました。

激高げきこう

感情を高ぶらせること。
怒りをおさえられない様子。

黒田雪成
なぐさ めてんじゃねぇよ
くそ!! オメェはいいよ 出られるんだからな

活躍してくりゃいいじゃねぇか インハイでよ 思いきり!!

笑えよ
オレは1年ボーズに負けたんだ ブザマに!!

オレは・・・
天才って言われて・・・
オレは・・・

く・・・!!

弱虫ペダル462話『産声』

黒田雪成
すまねェ
わかってんだ
おまえの胸ぐらつかんだところでナンも変わんねェこと・・・
泉田塔一郎
・・・・・・
黒田雪成
わかってる
おまえがオレの敗北を我が事のようにツラい気持ちになってくれてんのも・・・

弱虫ペダル462話『産声』

黒田雪成
くやしいよ!!
中の人
物静かな感じのしゃべりが特徴の野島健児さん(ユキの中の人)が この場面のユキをどう演じるのか・・・すごーく楽しみです♡
激高したり、声を上げて泣いたり、悔しがったり・・・

スポンサーリンク

『したたかに』

そうして何度となく悔しい思いをして、ユキは変わりました。
しなやかに、たおやかに強く、そして したたかに!!

中の人
『強く』と『したたかに』は同じだな
ムスメ
へ~・・・そうなの?
中の人
『したたか』を漢字で書くと『強か』だからね
ムスメ
ほ~学習した!
中の人
高校入試の試験問題には出ないと思うけどね

『ペテル』と『マーク』
・・・新キャラ登場?!

泉田塔一郎
(キミのプランなら飲み込もう!!
キミが望むならかなえよう!!)

(この最後の平坦を全身全霊で走るよ!!)

新開悠人
泉田さん
総北がまだついて来てます!!

ヤッバイ
エース今泉さん 反応 速いすよ!!

手嶋純太
ここが踏ん張りどころだ 今泉!!
何とか追いつけ!!
今泉俊輔
はい!!

最後尾の悠人は少し焦り気味。

新開悠人
泉田さん やっぱ・・・
さっきの登りでパワー使いすぎたんですか?!

でも当の泉田は ほほえんですらいるような・・・。

泉田塔一郎
心配 要らないよ 悠人
産声うぶごえを聴いていたんだ
新開悠人
(産声?!)
泉田塔一郎
筋肉たちのね

もうすぐだ
出てくるのさ
ボクの呼びかけに応えてね

ほうら 出ておいで

黒田雪成
(塔一郎・・・・・・!!)
泉田塔一郎
右大胸筋のアンディも、左大胸筋のフランクも、そして背筋のファビアンも 待っているよ!!

泉田いわく・・・

自転車競技のゴール前スプリントで猛烈な加速を生み出す筋肉は、2つの上脚筋。
脚の上部の筋肉を使うことによって、圧倒的な瞬発力と爆発力を引き出すことができるのです。

しかし、使い切れば終わる。
引き換えに、足は動かなくなる。
ゆえに彼らは『最後の筋肉』!!

新開悠人
・・・・・・・・・・!!

(『最後の筋肉』!!
それを呼び覚ますのか!!)

泉田塔一郎
そうだ 悪い悪い
まだ キミたちの名前を呼んでなかったね

さぁ出ておいで2人とも・・・・・・

左上脚筋のペテル!!
右上脚筋のマーク!!

共に走ろう 光の矢となって!!

今泉俊輔
(・・・・・・!!
一瞬、光の矢のようなものが見えた)

スポンサーリンク

編集後記

中の人
泉田くん・・・やっぱりその選択肢だったか・・・
ムスメ
だね・・・
中の人
それにしても・・・
全身全霊でチームを引いてるはずの泉田に なぜ脚の筋肉の説明をする余裕が・・・w
ムスメ
マンガ マンガ

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください