50% OFFで最新話を読むウラワザ?!

弱虫ペダル464話『距離』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2017年43号】

週刊少年チャンピオン2017年43
発売日:2017年9月21日(木)
定価(書籍版):280円 税込

RIDE.464『距離』(20ページ)

ムスメ
映画『Re:GENERATION』の公開日まで残り2週間ちょいだね
中の人
ドキがムネムネするね!
『ツヨサヨワサ』も早く聴きたいし~
ムスメ
期待に胸をふくらませつつ・・・

前回のストーリーはこちらです
>>弱虫ペダル463話『FINALファイナル ROADロード!』ネタバレ

スポンサーリンク

RIDE.464『距離』登場人物

 総北高校

◆1 小野田坂道
◆2 今泉 俊輔
◆3 鳴子 章吉
◆5 手嶋 純太

(手嶋の回想)
◆金城真護

  箱根学園

◆1 葦木場拓斗
◆3 真波山岳
◆4 泉田塔一郎
◆6 新開悠人

RIDE.464『距離』ネタバレ

遠ざかるジャージ・・・
動かなくなる脚・・・

落ちる泉田・・・。

ムスメ
アンディ・・・フランク・・・ファビアン・・・お疲れさま・・・
中の人
いや・・・今回ガンバったのは むしろペテルとマークだよ
ムスコ
ていうか泉田くんでしょ・・・
泉田塔一郎
筋肉キミたちのおかげで総北の連中に十分な差をつけることができたよ

先頭を走る箱根学園と、それを追う総北の距離の差は 500~700m。

チーム総北は少し遅れて登りに入ります。
ところが箱根学園の姿は見えません。

手嶋純太
(完全にヤツらの作戦どおりだ)

(最後の登りの手前で差ァつけられた!!)

スポンサーリンク

その差、700m

泉田の引きの強さと加速の感じから、冷静に判断して、恐らく500mは差がついているだろう・・・と今泉。

しかし鳴子の考えは違いました。

先頭が来れば通常、観客は興奮して立ち上がります。
ところが、沿道を見ると座っている観客が多いのです。
飲み物を口にしている観客もいました。

これらのことから、先頭集団が通り過ぎてから けっこうな時間が経過している・・・と分析できるのです。

700mは開いているだろう・・・というのが鳴子の考えでした。

100mも差が開けば絶望的。
200mも離れれば諦めるもの。

ところが実際の箱根学園と総北の差は 700m。
ほとんど1kmです。

キャプテン手嶋は責任を感じていました。
そして自ら先頭に出て全開で引こうと覚悟を決めた・・・そのときでした。

“たったの” 700m

今泉俊輔
そりゃあ今から追いつくのに骨が折れそうだ
鳴子章吉
激辛スーパーハードやで!!
小野田坂道
大変そうだねー

余裕にも見える2年生トリオの発言に思わず振り向くキャプテン手嶋。

「まずオマエが引け」
「オマエから引かんかい」

「オレはさっきまで引いてたから疲れてるんだ」
「そこをムリして行かんかい」

先頭を譲り(?)合う今泉と鳴子。
最終的に引くことになったのは坂道でした。

ムスメ
まぁ何せ坂道なもんで

700mの差 と聴けば、普通は苦いカオをして諦めるんだそうですよ。
ロードレース最終局面における 700m というのは そういう距離なんです。

だけど坂道らは違いました。
この距離から追いつく気マンマン。

3人のプレッシャーがき上がります。

スポンサーリンク

あきらめない心

手嶋純太
(これが金城さんが言ってた こいつら3人の一番すごいところ!!)
ムスメ
え~~~ナニ言ってんの手嶋さん!
知ってたでしょうに

キャプテンの役割

金城
そんなときはヤツらの目を見て「頼むぞ」と言ってやればいい

それが金城さんからのアドバイスでした。

箱根学園はハンパなく強い。
だから、同じ方法で対抗しても勝ち目はありません。

泉田は、平坦では誰よりも速い。
だから、平坦では追いかけない。

今泉は、平坦で泉田を追いかけようとした鳴子を制したのでした。

せっかくオールラウンダーに転向し、苦手だった山を克服した脚を使い捨てるようなことはするな。
平坦で開いてしまった距離は、キツくても山で取り戻せばいい。
そう判断したのです。

キャプテン手嶋のオーダーが下ります。

手嶋純太
頼めるか・・・・?!
小野田坂道
はい!!
全力で箱根学園に追いつきます!!

この後、手嶋は『山王』と恐れられたクライマー小野田の本当の走りを体感することになるのです。

スポンサーリンク

編集後記

ムスメ
今回は何kmぐらい進んだんだろう・・・?
中の人
目安になる道路標識なんかは出てこなかったねぇ
ムスメ
そして京伏もまだ出てこない・・・
中の人
あっ! ほんとだね・・京伏・・・
ムスメ
箱根学園の背中が見える前に京伏に追いつかれて ひと波乱ありそうな予感・・・
中の人
いや、次回のお話では、手嶋さんが山王の本当の走りとやらを目の当たりにするはずだよ
ムスメ
そういえば そんな終わり方だったねぇ

465話『全開坂道』ネタバレを読む

スポンサーリンク

2017映画『Re:GENERATION』情報あれこれそれ

映画『弱虫ペダル Re:GENERATION』
弱虫ペダル映画2017の公開日・上映館・主題歌・特典・前売り券など情報まとめ!#Re:GENERATION

 

弱虫ペダル原作漫画ネタバレ最新話まで!

弱虫ペダル ネタバレ(週刊少年チャンピオン)
弱虫ペダルの原作漫画ネタバレを最新話まで一覧にまとめてみた!【週刊少年チャンピオン】

SPARE BIKE 原作漫画ネタバレ最新話まで!

弱虫ペダル SPARE BIKE ネタバレ(別冊少年チャンピオン)
弱虫ペダルSPARE BIKEの原作漫画ネタバレを最新話まで一覧にまとめてみた!【別冊少年チャンピオン】

スポンサーリンク

コメントを残す