弱虫ペダルSPARE BIKE58話『田所迅3』ネタバレ・あらすじと感想【別冊少年チャンピオン2018年4月号】

 

別冊少年チャンピオン2018年4月号
2018年3月12日(月)発売

SPARE.58『田所迅3』(16ページ)

 

SPARE.58『田所迅3』登場人物

 総北高校

◆ 田所  迅(1年3組)
◆ 金城真護(1年)
◆ 巻島裕介(1年)
◆ 寒咲通司(3年)
◆ 清水(1年3組)

SPARE.58『田所迅3』ネタバレ

3週間が過ぎ、1年生レース当日となりました。

全行程60kmの道のりを走ります。

1年生レースのコースは年替わりで時計回りと反時計回りを繰り返します。

よって、今年のコースは坂道らが走ったコースと同じですね。2つ学年が上ですから。

ということは・・・山あり谷ありのコースを走り、最後にあの心臓破りの激坂を登るわけですな。斜度20%の激坂。

たったの60km。練習では何度も走ってきた。

この60kmを真っ先に走り切ればいいだけ。

真っ先に。あの金城より先に。

田所は金城に負けた悔しさから、部活の後もさらに自主練をしていたんです。毎日、毎日。

1年生レースでは必ずその成果を出してみせる!!

そして1着でゴールし、この学年のエースになる!!

ムスメ
意気込みはすごいんだけどね

スタートの合図は寒咲キャプテン。1年生レースのスタートです。

スポンサーリンク

寒咲キャプテンは、普段と違う田所の様子を気にしていました。

いつもの大声もなく、目が血走っていたからです。

ああいうときは、たいてい「最高の結果」が出るときか、あるいは「最悪の結果」になるとき。

ムスメ
いつも思うけど、寒咲さんはなぜこんなに達観していらっしゃるのか

本編で見る金城さんや箱根学園の福富主将もそうでしたが、高校3年生とはとても思えませんよねぇ。

中の人
40代で子持ちの私にとっても「センパイ」にしか見えない

市街地を抜け、田園区間に入りました。本格的なレースの始まりです。

田所は一人で飛び出しました。平坦の速さに先輩方も目を見張ります。

全開!!  がむしゃら!!

心の中で呪文(?)をとなえつつ、何かにかれたかのように走ります。

このときの田所は、がむしゃらに全力を出し切れば真っ先にゴールできると信じていたのです。

そしてそれができなければ自分はエースになれない。エースに・・・。

田所の加速は他の追随ついずいを許しません。

後ろには誰も見えない・・・。彼は勝利を確信します。

「このレース、オレがもらう!!」

しかし、追い上げてくる人物がいました。金城です。

(引きちぎってやる!!)

さらに加速しようとした、そのとき。金城が声をかけました。

協調と逃げ切りを持ちかけたのです。

交替で引けば、後ろの5人はついてこないはず。

そして最後はスプリント勝負になるだろう。2人で走ればワンツーフィニッシュ。

中の人
・・・・・スプリント勝負???

あれれ?  おかしいな。

ゴール前は「斜度20%の激坂」じゃないの???

ムスコ
まぁいいじゃん。ひとまず先へ進もうよ
中の人
そだね。

1位か2位・・・?

ゴール前で金城を振り切れば1位。悪くはない。

ムスコ
田所さん計算高い!!
ちょっとキライになったよ

そんな田所の思惑をよそに、金城は続けます。

これはロードレースの組み立て方法としては正しい。同じ分だけ引くから、と金城はさらに誘いをかけます。

そんな金城に対し、田所の出した答えは ─────?

「悪くはねぇけど、オレのやり方とは違う!!」

オレサマがこのレースでやりたいことは「勝つ」ことじゃねェ。「ブッチギリで・・・・・勝つこと」なんだ。

「誰にも負けたくねぇんだ。誰にも。特に金城、おまえには!!」

そう言い残すと、田所はさらに加速。

ムスコ
ただの嫌なヤツだよね・・・。
中の人
見てなよ。そのうち寒咲さんにキャン言わされるわ。

スポンサーリンク

他の上級生が「すげー」だの「まさかの大金星か?!」だのといている中、寒咲キャプテンだけがひそかに心配していました。

コースはこの後、山に入ります。速度を上げすぎれば体力がもちません。

登り坂に入りました。骨太で体の重い田所は登りが苦手です。かなりキツくなってきました。

「飲まなねェと・・・」

「食わねェと・・・」

体が悲鳴を上げていることに気づいていないようです・・・。

(けど大丈夫だ。行ける!!)

優勝シーンを思い浮かべながらペダルを回し続けます。

中の人
田所さん、しんどさのあまり(かな?)気づいていないようだね
ムスメ
そのようだね・・・

金城が背後に迫ってきていることに・・・。

かなりの差をつけてやったと思い込んでましたからね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください