弱虫ペダルSPARE BIKE59『田所迅4』ネタバレ・あらすじと感想【別冊少年チャンピオン2018年5月号】

 

別冊少年チャンピオン2018年5月号
2018年4月12日(木)発売

SPARE.59『田所迅4』(16ページ)

 

SPARE.559『田所迅4』登場人物

 総北高校

◆ 田所  迅(1年3組)
◆ 金城真護(1年)
◆ 巻島裕介(1年)
◆ 寒咲通司(3年)
◆ 清水(1年3組)
◆本山(1年)
◆瀬戸内(1年)
◆小村(1年)

SPARE.59『田所迅4』ネタバレ

キツい・・・山はキツい・・・。

けど、この1年生レースはオレが獲る。

ムスメ
もはや気力だけで走っているような・・・。

一番ジャマな金城は、さっき平坦区間で相当な差をつけて置き去りにしてやった・・・田所はそう思い込んでいました。

では、なぜすぐ後ろで車輪の音と息づかいが聞こえるのか。

オレの・・・すぐ・・・左後ろから?

田所が振り返ると・・・

ドン(効果音)

すぐ後ろに金城が迫っていました。

しかし田所の「後ろ」だったのはつかの間。サクッと抜いていきました。

「おま・・・抜・・・にはっ!!  いか・・・だよ!!」

訳:おまえにだけは抜かれるわけにゃいかねぇんだよ!!

そして、「先に行くよ」と言い残すと金城は田所を後にし、涼しい顔でサクサクと登っていくのです。

スポンサーリンク

金城は去りぎわに「1つだけ」と田所にアドバイスしました。

田所の登りはダンシングで左右に体を揺らしすぎ。体力を消耗する上、自転車にうまく力が伝わっていないのだ・・・と。

そして田所の登りの速度は本人が思っているよりずっと遅いことも指摘しました。

ムスコ
「1つだけ」じゃないじゃん・・・
中の人
これをありがたいと思って受け止めて克服しないと、強くはなれないのじゃよ

「誰が聴くかよ、そんなアドバイス!!」

「ふざけんなァァ!!」

さけぶ声もむなしく響き、田所にできることは金城の背中を見送ることのみ。

それでもまだ田所は勝てると思い込んでいるようです。

(山の区間は先行させりゃあいい。下りで追いついてやる!!)

そのとき、田所の後ろから、登りの得意な緑の男が近づいてきます。巻島裕介です。

ワゴンから白石センパイたちが見ているからと、巻島は仕方なく「普通の」ダンシングで登るのでした。

しかし速い。田所に比べると段違いの速さです。

田所は追いつこうとするのですが、脚が言うことを聴きません。

気力を奮い立たせて走ろうとします。まだエースになる夢をあきらめていないのです。

しかし・・・

ドン(効果音)

スポンサーリンク

ムスコ
今度は誰?!
中の人
本山・瀬戸内・小村の3人だって。
ムスメ
知らぬ・・・。
中の人
私も知らぬ。

きっと地獄の1,000km合宿か何かで脱落(退部)していった人たちなんでしょうな。

ともあれ、3人にも抜かれてしまうのです。

そして5分後。

ついに初心者の清水にまで抜かれてしまうのでした。

スポンサーリンク

足を止めてしまった田所。

1年生レースを完走できるのでしょうか・・・?

 

ムスメ
優勝だのエースだの言ってるバアイじゃないじゃん。
中の人
んだね・・・。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください