たいせつな人に何を贈りますか?

弱虫ペダルSPARE BIKE60話『田所迅5』ネタバレ・あらすじと感想【別冊少年チャンピオン2018年6月号】

 

別冊少年チャンピオン2018年6月号
2018年5月11日(金)発売

SPARE.60『田所迅5』(16ページ)

 

SPARE.60『田所迅5』登場人物

 総北高校

◆ 田所  迅(1年3組)
◆ 金城真護(1年)
◆ 巻島裕介(1年)
◆ 寒咲通司(3年)
◆ 清水(1年3組)

SPARE.60『田所迅5』ネタバレ

1年生レースの結果は・・・最下位でした。

にもかかわらず「よくがんばった」「よく最後まで走り切った」と先輩方に声をかけられ、同級生には拍手で迎えられる・・・田所にとっては屈辱くつじょく的なゴールでした。

自己嫌悪。周りへの憎悪。逃げ出したい気持ちと戦いました。

皆は田所が具合を悪くしてゴールが後れたものと思っていたからやさしく声をかけてくれます。

けれどただ1人、田所が万全でゴールをねらっていことを知っている金城だけは違っていました。

「笑えよ。ブザマだろ。おまえが言ったとおりだ。登りの遅いオレは最下位だよ」

スポンサーリンク

金城はとても真剣な目をしていました。

「平坦で引き離し、ブッチギリの逃げ切りで勝つ」というプランにチャレンジした田所をたたえに来たのでした。

レースは守りに入っていては勝てない。時に大胆だいたんな「け」に出る必要がある。

田所の賭けは結果的には失敗に終わったが、真っ先に行動し、自分のプランを貫いた田所の勇気は尊敬に値すると・・・自分は田所を尊敬すると言い切ったのです。

少し離れたところで聞いていた寒咲キャプテンがニヤリ。口にはもちろんポッキーをくわえています。

中の人
寒咲さん、ええわぁ。

田所は照れ隠し(?)に「あっち行け!!」なんて言ってますが、金城はポーカーフェイス。「これからも同じ部員としてがんばろう」と言い残して去っていきました。

「金城のヤロウ・・・恥ずかしげもなく『尊敬』とか言いやがって・・・くそ・・・・・」

(救われるじゃねぇか・・・)

自分のやったことにも少しは意味があったと思えたのです。

中の人
やっぱ金城さんキャプテンの器!!

「ちくしょう・・・あいつはハッキリものを言う・・・ヤツだが・・・悪いヤツじゃない。な・・・仲よくしてやろう」

ムスメ
なぜに上から

これからは「金城くん」と呼ぶことにしたそうです。笑

中の人
あれ?  でも最終的には「金城」だったよね

スポンサーリンク

ある日の部室。

金城の朝練が続く秘訣ひけつを尋ねている巻島。そこへ田所がやって来て・・・

なぜか・・・

朝練を一緒にやることになったのでした。

「てか負けねーからな!!」

一緒に走る日々、休憩中に話を聴いてわかったことは、金城がとにかくいろんなことを考えながら走っているということ。

中の人
下りながら、追い抜きながら、先のことを考えているらしい。
ムスメ
ふむふむ。状況に応じて戦略を変えたり、ごにょごにょしたりしてるわけね。

体だけでなく、頭も使うスポーツなんですな、ロードレースってのは。

そして金城くんはオイラの平坦の速さをホメてくれるんだ。

ムスコ
田所さんはフツーだと思ってるんだね。
中の人
根っからのスプリンターだね。

金城は目を輝かせながら「小関さん」の話をしてくれました。すごく大事な人なんだろうな。

小関 将 @弱虫ペダル小関将のwiki!金城真護が憧れるコーヒー好きレーサーのSPARE BIKE!【弱虫ペダル】

スポンサーリンク

ある日、田所は金城の口から「インターハイ」という言葉を聞きます。がんばれば出場するチャンスがあると3年のセンパイから言われたんだとか。

青森で開かれるインターハイにメンバーとして出場できる可能性がある・・・。

インターハイに対する思いがリアルになった瞬間でした。

自転車の名門である総北高校から、1年がインターハイに出場する。夢はふくらみます。

それを決めるのは地獄の1,000km合宿。

ムスメ
さぁ、田所さんがんばって。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください