弱虫ペダルSPARE BIKE63話『田所迅8』ネタバレ・あらすじと感想【別冊少年チャンピオン2018年10月号】

別冊少年チャンピオン2018年10月号
2018年9月12日(水)発売

弱虫ペダル SPARE BIKE 63話『田所迅8』(16ページ)

 

SPARE.63『田所迅8』登場人物

 総北高校

◆ 田所  迅(1年3組)
◆ 金城真護(1年)
◆ 巻島裕介(1年)
◆ 寒咲通司(3年)
◆ピエール先生

SPARE.63『田所迅8』ネタバレ

寒咲キャプテンは明るい感じで言いました。

寒「そう思い詰めたカオしねーで、もうちょいやればぁ?」

しかし・・・

「いえ、もう決めましたから。」

田所の決意は固いようです。

ピ「どうしてデスカ田所クン?  自転車のコトがキライになりマシタか?」

それは違うのです・・・。好きだからこそ、続けていても勝てない自分が許せないのでしょう・・・。

田所はいつも楽しそうに自転車に乗っている、とピエール先生。

誰よりも早く部室に来て掃除をし、誰よりも大きな声を出し、練習もレースも常に全力。

でも・・・でも・・・楽しいだけではやっていけないのです。

「オレは・・・勝ちたいんです。」

スポンサーリンク

中の人
寒咲さんのしたり顔。
ムスメ
「とうとう出したな、本音を。(ニヤリ)」て感じかな。

骨が太くて体がデカいから登れない。登れないとレースでは勝てない。

やれるだけのことはやった。減量しても登るどころか力が出なくなり、ハンガーノックに見舞われて皆に迷惑をかけただけだった・・・。

「もうオレは十分やり・・・やっ・・・」

涙がほおを伝います。

「やりました!! だから!! だから・・・!!」

寒「田所ぉ!!」

寒咲キャプテンは勢いよく立ち上がりました。

いつもはニコニコ穏やかな寒咲さん。

しかし、このときばかりはいつもと違うけわしい表情をしていました。

田所の頭をガシッとつかんだかと思うと、キッパリとした口調でこう言うのです。

 

勝ちてーなら やれ

 

『勝ちてーのに やめる』

そんな選択肢は ねぇ!!

 

中の人
わぉ!  寒咲さん・・・。
ムスメ
カッコいいねぇ。
中の人
名言だねぇ。
ムスコ
ホレボレしちゃうね。
中の人
あんたもかーい。

スポンサーリンク

で、退部届はどうなったのかって?

寒咲さん預かりになっちゃいました。

明日、自分の意思に従って練習に来い、と。来なかったら受理。

厳しい目でした。寒咲さんはいつも優しいから、退部届もカンタンに受理されると思っていました。

頭に手を置いて寒咲さんが放った言葉が心に刺さります。

 

『勝ちてーのに やめる』

そんな選択肢は ねぇ!!

 

でも・・・オレはどうすればいい?

全部やった。

どうすればいい?

わからない。

考えれば考えるほど、ますますわからなくなります。

そして時間だけが過ぎていき・・・

当日。

考えても答えが出ないときは、取りあえずやる!!

田所は部室に向かいます。

ムスメ
金城さんのうれしそうな表情が印象的だね。

もう一回もっかいお願いします!! いろいろわからないんで、取りあえず来ました!!」

中の人
しかしここからの寒咲さんの言葉が田所にとってはまた厳しいのです・・・。

スポンサーリンク

寒「やり直すってことは、捨てるってことだ。」

おまえはエースにはなれない。その願望を捨てろ。

しかし田所には部員 全員を引きちぎるスプリンターとしての力がある。

まだハンパなその秘めたる力はきたえてやる必要がある。

寒「おまえの得意分野はスプリントだ。そいつを極めろ!!  天下を獲れ!!」

「スプリントを極めれば登りなんて後からどうとでもなる」という寒咲キャプテンの持論に従い、一切の登りを排除したスプリントの強化練習が始まりました。

体がちぎれそうなほどハードな練習でした。

やさしかった寒咲さんは鬼になりました。

けど、自分の中で何かが芽生めばえる手応えがありました。

中の人
こうして「暴走の肉弾頭にくだんとう」が生まれたんだねぇ。
ムスメ
ごめん田所さん・・・田所のスペアバイクは必要ないなんて言って・・・。
中の人
ホントだよまったく!  名作じゃないか。

(実は「もう本編でも聞いたぜ?」って私もちょっとだけ思ってたことはナイショです。)

10巻のRIDE.83「負け」に出てきたの。みんな覚えてる?

総北は田所さん・鳴子くん。箱根学園は泉田くん。3人のスプリント勝負で田所さんが勝利をおさめる手前の、あのシーンですね。

負けを知らないスプリンターは強くなれない。だから、田所さんは鳴子くんの「負け」の記憶を意図的に呼び覚ましました。

そして鳴子くんが切り返すように尋ねた田所さんの1年生レースの結果リザルトは「最下位」。

そこから部活をやめる決意をしたときの例のシーンへとつながっていくのです。

ムスメ
なつかしいよね。
中の人
ぜひ本棚の奥から引っ張り出して読んでみてね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください