弱虫ペダル491話『賭けの勝者!!』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2018年21号】

 

週刊少年チャンピオン2018年21号
発売日:2018年4月19日(木)

RIDE.491『賭けの勝者!!』(23ページ)

中の人
弱虫ペダル57巻(2018/8/8発売)に収録されてます!
created by Rinker
¥463 (2018/10/18 10:39:06時点 Amazon調べ-詳細)

RIDE.491『賭けの勝者!!』登場人物

 総北高校

◆1 小野田坂道
◆2 今泉俊輔
◆3 鳴子章吉

  箱根学園

◆12 黒田雪成
◆13 真波山岳

意外な2人の勝負。果たして勝利の女神はどちらに微笑ほほえむのか ─────?

RIDE.491『賭けの勝者!!』ネタバレ

登りの途中で追いつくと想像した箱根学園。そして登りの先の平坦までもつれる・・・・と予想した鳴子。

残念ながら箱根学園の予想は外れました。

真波山岳
やるねぇ!!

だからといって油断はできません。だって、残る2つのカーブの先までは真波の得意とする登りですから。

真波山岳
そうでなくっちゃ!!

真波は加速します。登りは残すところコーナー2つ分。まだ勝負はついていません。

真波山岳
見えろ先頭!!

真波はさらに加速。1つ目のコーナーを曲がります。

先頭の2人はまだ見えません。

スポンサーリンク

残るコーナーは1つ

鳴子章吉
(まだ見えるなよ小野田くんたち!!)

鳴子は祈るような気持ちで真波を追います。

ここで鳴子は気づきます。登りが終わるということは、地形的には山頂を迎えるということ。山頂の近くになると風が強く吹くのです。

浪速なにわのスピードマン

でも大丈夫。浪速のスピードマン鳴子章吉は風とトモダチ。

ムスメ
なつかし~
中の人
小野田くんと出会ったばかりのころ言ってたね

でも・・・

中の人
鳴子くん忘れてない?
ムスメ
まなみんも風とトモダチだよ!

平坦に入ればワイのもん・・・余裕をかましていた鳴子は、実力の違いをまざまざと見せつけられることになります。

一気に加速。鳴子の目には真波の背中にはためくまぼろし羽根はねが見えたようです。

スポンサーリンク

最後のコーナー

とはいえ・・・

真波山岳
見えろ先頭!!

真波の願いむなしく、2人の背中は見えませんでした。どうやらはるか先を走っているようです。

真波山岳
おめでとう

けはキミの勝ちだよ

鳴子の勝算

鳴子にとっての悪いけに思えたけれど、彼に迷いはありませんでした。

真波山岳
どうして?

迷いがなかったわけではありません。なにしろ相手は真波でしたから。

ギリギリの戦局にあって鳴子が信じたのは、自分ひとりのチカラではなく、仲間の可能性でした。

鳴子の勝算が成り立つ条件 ───────

それは、箱根学園が想像している以上のスピードで2人が山を登り、鳴子の得意な平坦道まで先行していることでした。

鳴子は真波と戦いながら、心の中で念じていたのです。

真波山岳
なるほど・・・この勝負、実は 3対1 だったんだね

実力は同等、いや、真波のほうが上に違いありません。でも真波は敗北を・・・

ムスメ
違う違う! 真波くんは負けたんじゃなくて、途中で戦いを放棄したんだよ
中の人
そりゃ失礼したね
真波山岳
(すいません黒田さん)

スポンサーリンク

黒田のオーダー

この勝負が始まる前、ユキから真波にあるオーダーが出されました。

黒田雪成
いいか真波、ひとつだけ約束しろ

それは『負けそうになっても深追いはするな』というオーダー。

3日間にわたり、鳴子は脚を使いすぎています。それを知っているユキは、こう予言していました。

黒田雪成
このレース、最後のゴールにたどり着く前にリタイアする

編集後記

ムスメ
そうか・・・そう来たか・・・
中の人
鳴子くん去年もゴールできなかったのに・・・
ムスコ
でもわかんないじゃん!
あくまでユキの予想でしょ?
中の人
アンタ・・・純粋だねぇ

どうなる?! 鳴子 ───────。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください