\サクッと最新話ネタバレへ/

弱虫ペダル最新話ネタバレ!494話『攻防!ダウンヒル!!』あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2018年25号】

 

週刊少年チャンピオン2018年25号
発売日:2018年5月17日(木)

RIDE.494『攻防!ダウンヒル!!』』(23ページ)

RIDE.494『攻防!ダウンヒル!!』登場人物

 総北高校

◆1 小野田坂道
◆2 今泉俊輔
◆3 鳴子章吉

  箱根学園

◆12 黒田雪成
◆13 真波山岳

 京都伏見

◆111 御堂筋翔

RIDE.494『攻防!ダウンヒル!!』ネタバレ

 

救護テントからそれぞれのチームの勝利を祈る青八木と銅橋。

物語は一瞬のミスが命取りとなる最終局面へ向かいます。

下り坂の攻防

先頭をひた走る3人。カーブを過ぎるとき、坂道の目には後続の箱根学園が映りました。

今泉俊輔
(黒田さんか。あの人、下りが速い!!)

ある程度は想定していました。でも、さすがにここまで短時間で追いついてくるとは思ってもみなかったようです。

黒田雪成
させるかよ 総北ゥ!!

ユキは左こめかみの古傷をひっかき、カサブタをはがしました。

中の人
『スイッチ』入れたね

総北の最後尾は坂道。ユキはその後ろ50mのところまで迫っています。

下り坂では、先に走っているほうが全面的に風を受けます。追いかけているほうが基本的に有利。

総北と箱根学園の距離は30m。すぐそこです。

今泉俊輔
(外れろ・・・制限リミッター!!)

スポンサーリンク

今泉の戦略

いったん箱根学園に追いつかせ、態勢を整えるほうが安全なのか?

いや、それも言い訳だ!!

ハイスピードの下りバトルは、恐怖を退しりぞけた者の勝ちです。

今泉俊輔
(黒田さん、オレはあんたを引き離す!! あんたの得意な下りで!!)

ブレーキをにぎる代わりに、右肩をガードレールにぶつけながら走る今泉。下りの得意なユキに真っ向まっこう勝負をしかけました。

黒田雪成
いいぜ やってやるよ

しなれ!! 猫足!!

中の人
「しなれ猫足!!」ってw
ワザ名(?)を口に出して叫ぶもんかね?
ムスメ
悟空の「カメハメ波!!」とかと同じ感覚かな

景気づけなのかな・・・? まぁよい。漫画ですから。

80m。今泉の思い切った動きで箱根学園までの距離を少し離しました。

中の人
鳴子くん視界が狭くなってるのにちゃんと付いてってるね
ムスメ
ガンバレ~!!

しかし、さすがは箱根学園。60m・・・50m・・・40m・・・徐々に追い上げてきました。

もうすぐ『登り返し』。下りが登りに転じる場所に差し掛かります。登りの差は詰めにくいもの。そこまで逃げ切れば・・・。

スポンサーリンク

迫り来るもう1つの影

箱根学園を振り返った坂道の目に映ったものは・・・。

箱根学園の数十m後ろに見えるのは、紫のジャージでした。

御堂筋翔
この下りで追いつく・・・予定どおりやわ!!

編集後記

 

中の人
とうとう追いついたね

このまま2チームが逃げ切るとはさすがに思ってませんでしたが。

 

コメントを残す