\サクッと最新話ネタバレへ/

弱虫ペダル最新話ネタバレ!498話『最後の糸』あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2018年29号】

 

週刊少年チャンピオン2018年29号
発売日:2018年6月14日(木)

RIDE.498『最後の糸』(20ページ)

RIDE.498『最後の糸』登場人物

 総北高校

◆1 小野田坂道
◆2 今泉俊輔
◆3 鳴子章吉

 京都伏見

◆111 御堂筋翔

RIDE.498『最後の糸』ネタバレ

御堂筋までは100m。鳴子はサドルを捨てた・・・。

インターハイ最終ゴールまでは、まだ5km以上残っています。

小野田坂道
もう座らないってこと?!
自転車に─────?!
御堂筋翔
捨てたいうことか
大切なもの・・・躊躇ちゅうちょなく
中の人
これが鳴子くんの『最後の覚悟』・・・

スポンサーリンク

あの冬のレース

去年の冬のことでした。

スプリンターの道をるか、今泉の言うとおりオールラウンダーに転向するか。

鳴子は迷いを断ち切るため大阪へ。そこでは走り慣れたコースで御堂筋に挑み、敗北をきっするのでした。

ムスメ
そういえば、あのときもサドルを外したね

鳴子がスプリンターの道を(いったん)捨てたのは、このときの御堂筋とのレースに敗北したことがきっかけでした。

思えば、このインハイの最中にも鳴子は何度も御堂筋に挑んでは散りました。

だから、彼の中ではまだ決着していなかったのでしょう、御堂筋との長い長い勝負が。

鳴子章吉
絶対に追いついたるわ!!

京伏、加速。総北もそれを追って加速。その差は変わらず100m。

鳴子章吉
意地でも追いついたる!!

太ももの筋肉は限界を訴えています。そして握力も・・・。

しかし鳴子はそんな体にムチ打って御堂筋を追います。50m差までちぢめました。

そのときです。

鳴子は前のめりになり、ハンドルに胸をつけました。

意識を失ったのです。

あわや転倒しそうになる鳴子。しかし気づいた今泉が飛び出し、支えます。

今泉俊輔
前に言ってただろう
燃えてるんじゃなかったのか、おまえは

300℃くらいに

鳴子章吉
(スカシ・・・!!)

今・・・280℃まで達したとこや

編集後記

ムスメ
鳴子劇場が終わらなかった・・・!!
中の人
「今年もゴールさせてもらえない」なんて言ったの誰よ
ムスコ
母さんだよねw
中の人
そうだっけ

それにしても、箱根学園の2人は今どのあたりを走っているのでしょうな?

ムスメ
次回は追いついてくるかなぁ・・・わくわく
中の人
(悠人に乗り換えたんじゃなかったのかい)

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.