\サクッと最新話ネタバレへ/

弱虫ペダル503話『成長』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2018年34号】

 

週刊少年チャンピオン2018年34号
発売日:2018年7月19日(木)

RIDE.503『成長』(20ページ)

RIDE.503『成長登場人物

 総北高校

◆1 小野田坂道
◆2 今泉俊輔

◆3 鳴子章吉(今泉の回想)

 京都伏見

◆111 御堂筋翔

RIDE.503『成長ネタバレ

今号でも今泉と御堂筋の熾烈しれつなバトルが続きます。

今からヤツをとらえる。自分にはできる。感覚で分かる。

今泉俊輔
先頭はオレが走る!!
ムスメ
脱・弱泉

御堂筋はいつもギリギリのトリッキーなワザでオレの前に出る。でも振り落としてみせる。

中の人
やっと安心して見ていられる今泉くんに進化しましたよ。

スポンサーリンク

今泉俊輔

最も重いギアで下り坂をダンシング疾走しっそう。一心に御堂筋を追う今泉。

小さいころから大会のタイトルを総ナメにしてきた今泉。昨年のインハイ3日目、富士の登りで箱根学園キャプテン福富寿一ときそったこと、山岳賞ゼッケンを手に入れたことでも、その名が知れ渡っています。

そして・・・御堂筋に追いつきました。

しかし御堂筋の加速によって再び差が開きます。

相手が攻撃し終わった直後に仕掛ける攻撃は効き目がデカい。さすがは御堂筋、心得ています。

御堂筋翔
ここで落ちろォ!!
うな泉ィ!!

御堂筋、加速。

しかし次の瞬間・・・。

仲間の声

御堂筋の後ろにぴたりと付く今泉。

御堂筋翔
う・・・!!
な!!
中の人
「う」と「な」しか言えなくなってるじゃないの
ムスコ
いつかの今泉くんみたいだね

インハイがスタートして今までいいとこなし・・・・・・だった今泉。

でも、そんな今泉をホメてくれる存在があります。「いいね」「すごいね」「やるやないか」と。

今泉俊輔
そいつらの声が時々よぎんだよ

「もっと行けんだろ」って背中押してくんだよ

「戦え」

「揺らぐな」

「前へ出ろ」

スポンサーリンク

成長

人はどんなときに成長するのでしょう・・・?

鳴子はこう言いました。

大事なものをなくしてプライドが壊れ、ボロボロになって、そこからもう一回やるしかないわってイチから立て直していくとき。

・・・今泉は鳴子とのやり取りを思い出していました。

キツくて、苦しくて、一度あきらめて、それでも前に進もうともがいて、い上がろうとするとき・・・

今泉俊輔
人は成長するんだよ!!
強くなるんだよ!!

今泉が前へ出ました。

ゴールへ

行ける。感覚で分かる。オレはここから独走してゴールを獲る!!

しかしそこには・・・。

スポンサーリンク

編集後記

ムスメ
何なのさ、その思わせぶりな終わり方は
中の人
だって・・・だって足もとに・・・

そう、側溝のフタっぽいものがヤバい感じで映し(描き)出されているのです。

そして『ビュ ウ ウ』と何かを物語るような風の音が・・・。

今泉と御堂筋の攻防戦はまだまだ続きます。

ムスコ
今泉くんがブっ飛んで、今年はゴールできなくなるのかな
中の人
そうこうしているうちに箱根学園の2人が追いついてきて・・・

最終的には小野田坂道 VS 真波山岳へ持ち込みたい。といったところでしょうか。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください