\サクッと最新話ネタバレへ/

弱虫ペダル504話『変わる風向き』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2018年35号】

 

週刊少年チャンピオン2018年35号
発売日:2018年7月26日(木)

RIDE.504『変わる風向き』(20ページ)

RIDE.504『変わる風向き登場人物

 総北高校

◆2 今泉俊輔

 京都伏見

◆111 御堂筋翔

RIDE.504『変わる風向きネタバレ

獲る。獲れる。感覚で分かる。オレはここから独走してゴールを獲る!!

先頭はとても静かで、音がしない。

体の細胞すべてが脳ミソとつながって自在に動いている感覚。

今泉俊輔
(キモチイイ!!)

オレがインターハイのゴールを獲る。このまま何事もなければ・・・・・・・─────。

ムスメ
バカだな・・・どうして自分でフラグ立てちゃうのさ・・・

まるで何事かが待ち構えているような・・・。

スポンサーリンク

山の天気

追う御堂筋。じりじりと引き離す今泉。

総北の優勝は堅いと考える多くの観客。しかし、空模様を冷静に観察している者が1人いました。

先ほどからの突風と冷たい空気、そして暗くなり始めた空が何かを物語っている・・・と。

そう、山の天気は変わりやすいのです。

一時的なものかもしれないが、下りに入るタイミングで雨が降る可能性が・・・。

そしてその予感は的中し、2人が下りに入るタイミングで見事に降り始めました。

今泉俊輔
(雨だと?! こんなときに!!)

降り始めの雨は最もすべりやすく、タイヤが細く車体の軽いロードバイクは非常に不利。

でも条件はみな同じ。

地形も天候も、全てがレースを構成するピースのひとつ。

もちろん悪天候も織り込み済みで練習を重ねてきました。

しかし・・・・・・。

追いつく御堂筋

ふと気づくと、御堂筋が今泉の真後ろに迫っていました。

一瞬のとまどいと、降り始めの雨によるタイヤのブレ。そのタイミングを逃さず追いついてきていたのです。

御堂筋の体当たり攻撃が始まりました。

雨の道路は落車のリスクが高まります。当然それを知った上での攻撃です。

御堂筋翔
転べば一発ゥ数十秒の取り戻せないロス!!

この坂を下った先の最後のコーナーでどちらが先に登りに入れるか。御堂筋は勝負を持ちかけました。

勝算あってのことなのでしょうか・・・?

スポンサーリンク

編集後記

ムスメ
怖い怖い!! 御堂筋、何考えてるかわかんない!!
中の人
前号の最後に出てきてた側溝のフタっぽいものがさ・・・

この先で起こり得ることを御堂筋が知ってそうなのがなお怖い・・・。

ムスコ
箱根学園、なかなか追いついてこないねぇ
中の人
ホントだね

優勝は今泉か?! 御堂筋か?! みたいな流れになってきましたけどね。

小野田坂道 VS 真波山岳へはどう持ち込むのか。ストーリー展開が見ものです。

今泉くんがゴールできるのかどうかも怪しい感じになってきましたしね・・・。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください