\サクッと最新話ネタバレへ/

弱虫ペダル476話『大声援』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2018年4+5号】

 

週刊少年チャンピオン2018年4+5号
発売日:2017年12月21日(木)

RIDE.476『大声援』(20ページ)

中の人
原作マンガ55巻に収録されてます!
created by Rinker
¥462 (2018/07/11 12:56:26時点 Amazon調べ-詳細)
中の人
475話では手嶋さんの才能の開花を楽しみにしている発言が葦木場くんの口から飛び出したよね!
ムスメ
だったね!
ということは、残り1.5kmの攻防戦を制するのは手嶋さんってこと?
中の人
だといいね

RIDE.476『大声援』登場人物

 総北高校

◆5 手嶋 純太

OB
◆ 金城真護
◆ 田所  迅
◆ 巻島裕介

  箱根学園

◆1 葦木場拓斗

RIDE.476『大声援』ネタバレ

中の人
手嶋さん、去年のインハイの後、鳴子くんから聴かされたんだそうだよ。
ムスメ
何て?

3日目の観客はヤバい。
声援の『圧』が1日目や2日目とは段違いだ・・・と。

鳴子章吉
特に最後の山は・・・・・

って。

スポンサーリンク

山岳ラインまで残り500m

手嶋純太
ありがてぇ!!
前に進むパワーになる!!

自分に向けられた観客の声援=手嶋コールにシビれる総北キャプテン手嶋純太。

そんな手嶋の背中をうれしげに追うライバル、箱根学園エース葦木場拓斗。

葦木場もさっきからペースを上げているのに、手嶋に追いつけないんです。
でも手嶋は気づいていないもよう。

葦木場拓斗
たぶん純ちゃんはこの後、もう1段、速くなる!!

葦木場は昔から、いつもキラキラした目で手嶋をほめちぎりました。

「速いよ」
「すごいよ」
「ふさわしい」

そのたびに否定してきた手嶋。

でも今は・・・

手嶋純太
今はオレ、何でだろうな。
おまえのその言葉・・・

鵜呑うのみにしようと思ってるよ。

観客の声

「総北、またペースを上げたァ!!」

観客の声が手嶋の耳に届きました。

心こそ高ぶってはいるものの、足も腕も、体中が悲鳴を上げている状態。
自分がペースを上げているなんて・・・。

にわかには信じられないようです。

そんな手嶋の切なる願い。

手嶋純太
平凡なはずのオレに何かの才能があるなら、はじけてくれ、ここで!!

ちょっと待てよ・・・?
葦木場が手嶋をホメちぎるのは、今に始まったことではなく、出会ったころからずっとでした。

ということは、出会ってすぐに葦木場は手嶋の才能を見抜いていたことになります。
手嶋自身が気づいていなかった『才能』を。

スポンサーリンク

離れた場所から2人を見守る人影

こちらは先頭の2人から1.8km離れた先にある展望駐車場。

双眼鏡を覗く田所さん。
驚きの声を上げました。

山岳ラインに差しかかろうとしている人物が2人、見えました。
総北と箱根学園です。

箱根学園は、去年、峰ヶ山ヒルクライムレースに出ていたノッポの葦木場。

そして総北は・・・

田所 迅
手嶋純太だ!!

これには金城さんと巻ちゃんも驚きを隠せない様子。

まさか手嶋がここまで・・・・来るとは思ってもみなかった、といった風情の金城さん。
もちろん巻ちゃんも同じ気持ちでした。

「ヤツにはセンスも才能もねェ」と言い切っていましたから。

だけども、手嶋は人望が厚く、誰よりも努力する人でした。
不思議と任せれば成しげてくれるという空気を持っていた、と巻ちゃん。

才能というのはややこしいもの。
『才能がある』とワカってるヤツは最初から見えていて派手に飛ばす。
そしてワカらないヤツはさんざん迷う。

でも、おそらく最初からあるのでしょう。
自分では見つけられないだけで。

『才能』は他人に見つけてもらうもの。

「うまい」
「すごい」
「人より速い」
「独特の感覚だ」

・・・ってな具合に。

ただ、近すぎるとワカりにくいのも『才能』の特徴だ、と巻ちゃんは言います。
なぜなら、同じ方向を向いているから。

だから、時々会うヤツだとか、ひょっこり現れたヤツなんかがそれ・・をパッと見抜いたりするものなんだ・・・と。

ムスメ
なるほど 時々会うヤツ=葦木場くんだったわけだな!

山岳ラインまで残り300m

葦木場が一気に加速。
手嶋に追いつきました。

手嶋純太
こんだけ頑張ってきたのにフリダシかよ!!
葦木場拓斗
すごいよ純ちゃん!!
だって見てよ、周りの観客!!
みんな純ちゃんのこと応援してるよ!!

葦木場にとっての『純ちゃん』は昔からずっとそうでした。

いつも皆を楽しませてくれる純ちゃん。
カラオケではメドレーを歌ってみんなを笑わせました。

それは葦木場にはできないこと。
手嶋が思っているよりずっとスゴいこと。

そして今、『歌』が『自転車』に変わっているだけ。
やっぱり『純ちゃん』はみんなを楽しませている・・・と葦木場は続けます。

みんなが手嶋に声援を送るのは、期待しているから。

葦木場拓斗
純ちゃんの頑張ってる走りを!!

スポンサーリンク

自覚なき主人公

手嶋純太
(期待・・・・・・?オレを?)

(『期待』って・・・・・・?
させてるのか・・・オレが?)

(オレの走りが)

葦木場は知っていました。
自分のために走っているときの手嶋より、皆の中心になって周囲の人間の心をり動かしながら走っているときのほうが強いということを。

巻島センパイの金言

巻島裕介
『努力』てのは、もがいて、あがいて、積み上げて、最後『才能』になるんショ!!

スポンサーリンク

編集後記

ムスメ
今号でも決着つかなかったね
中の人
そだね

来週はまた休刊なので、新年に持ち越しでございます。

ムスメ
う~待ち遠しい!
次号の発売はいつ?
中の人
201年1月4日(木)だよ
ムスメ
4期アニメの放送開始直前なんだね!
中の人
そうだよ!
どっちも楽しみだねぇ

 

予想してた476話はこんな感じ

中の人
お時間が許せば読んでみてくださいね。
  
ムスコ
何かと外すよねw
中の人
きぃ~~~っ!
でも本当のことだから言い返せない・・・

山岳LINEや最終ゴールまでの距離・コースを調べてみた

ムスメ
こちらも、お時間が許せば読んでみてくださいね
  

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください