弱虫ペダル最新話ネタバレ!510話『良心』あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2018年42号】

 

週刊少年チャンピオン2018年42号
発売日:2018年9月13
日(木)

RIDE.510『良心』(20ページ)

 

RIDE.510『良心』登場人物

 総北高校

◆2 今泉俊輔
◆1 小野田坂道

 京都伏見

◆111 御堂筋翔
◆113 山口紀之
◆115 木利屋
◆114 船津和歩ふなつかずほ

◆OB 石垣光太郎(山口の回想)

RIDE.510『良心』ネタバレ

御堂筋は、なお前進しながらも大きくかたむきました。

いつもの前傾ぜんけい姿勢とはちょっと違う様子であることは観客の目にも明らか。

彼は雨の降りやまぬ路上に倒れ込み、そのまま気を失ってしまいました。

誰よりも勝利を欲した男は、静かに最後を迎えたのです・・・。

中の人
目はしっかりと開かれてるけどね
ムスコ
こわいよ

見事な走りでした。

そして壮絶な最後でした。

初めて出場した昨年のインターハイでは、2つのゼッケンを着けて走り、3日目の最終ゴール手前3km地点で力尽きました。

今回は100mだけゴールに近づき、2.9kmを残してリタイア。

ムスメ
この分だと、来年はゴールまで2.8kmのところでリタイアするのかな・・・?

スポンサーリンク

救護テントで休んでいる山口、船津のところへ後輩がさけびながら飛び込んできました。

御堂筋の落車を知らせるためです。

山口と船津が集団を引っ張り、自らを犠牲ぎせいにして完遂かんすいしたフェイズ。船津は納得の行かない様子です。

中の人
そりゃそうだろうよ・・・

しかし山口は違いました。

もしかしたら自分たちは御堂筋に「一人でゴールを獲る」ことを暗に強要していたのかもしれない・・・静かに反省するのでした。

ムスメ
山口くん・・・立派な石垣センパイの跡継ぎに育ってるやないか
中の人
(なぜに上からw)

さすがは「山桜」。

週刊少年チャンピオン2017年10号 弱虫ペダルRIDE.433『山桜』
弱虫ペダル433話『山桜』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2017年10号】

「御堂筋の良心になってやれ」

石垣センパイは言いました。

もっと近くで、オレが御堂筋のことを見ててやらなければならなかった・・・。

そうしないと、限界まで、ギリギリまでやってしまう男だから。

御堂筋翔
・・・・・今ごろになって雨がんだわ

スポンサーリンク

先頭の今泉はペースを落とさず走り続けます。

太ももの筋肉が疲労でピクピクしようが、気力で振り払い、走り続けます。

背後に御堂筋の気配がないことにふと気づき、振り返って確認。完全に引き離したことを知り、勝利を確信します。

中の人
そううまく行くかな?

脚はヤバいが、一定ペースなら行ける。最後のゴールゲートまで一直線。

沿道の観客も増えてきました。ゴールが近づいていることを実感します。

そのときです。後ろから上がってくるバイクの音が耳に入りました。

あれは ───────

今泉俊輔
小野田!!
小野田坂道
今泉くん!!

おや?  まだ「小野田」って呼んでますね。

呼び名が「坂道」になるには、もっと緊迫した状況が必要なのでしょうか。

さて・・・2人はこのまま逃げ切れるのか?!

今泉俊輔
総北ワンツーフィニッシュだ!!

スポンサーリンク

編集後記

ムスメ
御堂筋くん、お疲れさま・・・
中の人
御堂筋ファンの悲しむ姿が目に浮かぶようだよ・・・
ムスメ
そりゃそうと、小鞠こまりはどこ行った?!
中の人
船津くんも言ってたね

と・・・小鞠は置いといて・・・。

ムスコ
置いとくんかい

ええ。小鞠ファンの皆さん、ごめんなさいね。

そして次週こそは箱根学園のイケメン2人組に会えるはず。

ワクワクしますね。

真波山岳
呼んだ?
黒田雪成
呼ばれてねェよ
中の人
呼んだよ呼んだよ
ムスメ
(先週と同じことやってんな・・・)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください