弱虫ペダルSPARE BIKE最新話ネタバレ!SPARE70『洋南大学4』あらすじと感想【別冊少年チャンピオン2019年5月号】

別冊少年チャンピオン2019年5月号
発売日:2019年4月12日(金)

弱虫ペダル SPARE BIKE
SPARE.70『洋南大学4』

 

弱虫ペダル SPARE.70『洋南大学4』登場人物

 洋南大学

◆ 金城真護
◆ 荒北靖友
待宮栄吉
◆ 佳奈(待宮栄吉のカノジョ)

弱虫ペダルSPARE.70『洋南大学4』ネタバレ

秋沢湖の自転車レースへのエントリー期限は今度の日曜日。

それまでに勝負を決められるのか・・・?

というところで終わっていた前回のストーリー。

今号では待宮と佳奈が美保の松原へ出かけるシーンから始まります。

スポンサーリンク

 

美保の松原デート

広島で瀬戸内海を見て育った佳奈は、太平洋の荒波にハシャいでいます。

ここは「天女の羽衣」伝説の地。

参考 羽衣伝説 – 羽衣の松と三保松原清水海岸ポータルサイト 参考 三保松原の羽衣伝説 | 世界文化遺産構成資産 三保松原 | SHIZUOKA CITY PROMOTION

待宮も佳奈とのデートを楽しんでいるようでした。

 

ムスメ
うーん・・・何か引っかかってそうな感じもあるけどね。笑

スポンサーリンク

 

駅で

一方、荒北と金城は待宮のアパートを訪ねていました。

待宮はもちろん居ません。

 

荒北靖友
どこ行きやがった待宮ぁ!!

 

中の人
いやいや、「どこ行きやがった」って。アナタに許可を得る必要は・・・。

 

待宮のアパートの前で待つこと 1時間。

アラキタは学生課から無理やり住所を聞き出したようです。

 

ムスメ
ダメじゃん。

 

そして入部届も書き、あとは待宮がハンコを押すのみという状態にしてある・・・と。

 

ムスコ
いろいろダメじゃん。

 

「友達か誰かと出かけてるのかもしれない」と金城。

「あいつに友達なんかいるわけねーヨ」と荒北。

 

パパ
失礼だな。笑

 

そのとき、待宮の隣室の住人が部屋から出てきて 2人に声を掛けました。

 

荒北靖友
友達か?!  友達なのか

 

友達ではありませんでした。

彼は工学部の 3年生。

待宮はここに引っ越してきたとき、あいさつに伺ったようです。

 

中の人
意外に律儀りちぎだね。
パパ
そうでしょうそうでしょう。ミヤだもんねぇ。

 

その先輩に待宮は「1日 家(部屋)を空ける」と告げて出かけていることがわかりました。

今日は日曜日。秋沢湖レースへのエントリー期限。絶望的です。

しかしアラキタは絶望してなどいませんでした。

何時に帰ってくるかもわからない待宮を探しに、すぐさま上富士駅へ向かいます。

電車で出かけたと聞いたからでした。

待宮の行き先など無論わかるはずもありません。

駅でヤツの帰りを待とうというのです。

戦力として彼が欲しい。

でも彼の電話番号はワカらない。

でも次のレースにヤツを出走させようと思えば、今日中の登録とエントリーが必要。

確実に捕まえるにはココで待つしかないのです。

いつ戻ってくるかなんてわかりません。

 

荒北靖友
ハ!!「チャンス」なんていつでもそうじゃナァイ。

 

中の人
これは名言だね。

 

2人はホームのベンチにどっかと腰を下ろし、ただただ待宮の帰りを待ちます。ひたすら待ちます。

スポンサーリンク

 

道行くロードレーサーに・・・

待宮と佳奈は海沿いの道を談笑しながら歩いていました。

そのとき、1台のロードバイクが走り去っていきました。

つい目で追ってしまう待宮。

そんな彼を見て、佳奈は何かを感じ取ったようです。

前を向け

すでに日は暮れ、駅の街頭には明かりがともっています。

そうまでして待宮を求める理由は「戦力として」だけなのか。

金城はアラキタに尋ねます。

アラキタはぽつぽつと語り始めました。

高校 1年のとき、アラキタには友達が 1人もいませんでした。

学校なんて辞める気マンマン。原チャを乗り回してトンがっていました。

自分の中でくすぶっている何かをぶつける相手もなく。

そんなとき、たまたま突っかかった相手が福ちゃん(福富寿一)だったんです。

アラキタは勝負を挑み、あっさり負けました。

福富はアラキタにこう言いました。

 

前を向け

 

当時は反発心しかなかった。でも今では感謝しかないのだと。

だから、今の待宮のように心の奥底で本音をたぎらせて・・・・・・るヤツを見ると、

 

荒北靖友
今度はオレが救ってやんなきゃって、そう思うんだヨ。

 

中の人
荒北センパイ・・・トンガってるころのスタンプ(消しゴムはんこ)しかなくってごめんね。
ムスメ
髪の毛を下してるアラキタなんて、特徴がつかみにくくて作れないよ・・・。

スポンサーリンク

 

チャンス

電車が着くと、待宮と佳奈が降りてきました。

先に 2人の姿に気づいたのは佳奈です。

 

荒北靖友
待ってたぜ、待宮。

 

アラキタは前置きなく言いました。

 

荒北靖友
自転車に乗れ!!  レース出んぞ!!

 

パパ
どストレート。

 

待宮は既に 1度、アラキタの誘いを断っています。

大切なものを守るために・・・もう自転車には・・・。

佳奈は、そんな待宮の背中をそっと押しました。

スポンサーリンク

 

弱虫ペダルSPARE BIKE70話ネタバレ編集後記

中の人
愛だねぇ。
パパ
いい子だねぇ。

 

本当はやりたいことがあるのに、自分のためにガマンさせるなんて。

彼女としてはイヤですもんねぇ。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください