弱虫ペダル529話『声、届け』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2019年10号】

週刊少年チャンピオン2019年10号
発売日:2019年2月7
日(木)

弱虫ペダル529話『声、届け』(20ページ)

弱虫ペダル529話『声、届け』登場人物

 総北高校

◆ 小野田坂道
◆ 坂道のお母さん

  箱根学園

◆ 真波山岳
◆ 委員長(宮原)

弱虫ペダル529話『声、届け』ネタバレ

先頭をひた走る真波。

声をかけようと構え、真波の通過を待つ委員長。

しかし委員長、周りの声の大きさにビビる。

これじゃ私の声がさんがくに届かない・・・。

でも考えている時間はありません。

真波の姿が見えてきました。

委員長は気づきます。

「声が小さいから見つけてもらえない」なんて、どうでもいいこと。

真波は今、1年間の想いをげるために、たったひとりで戦っているのです。

だったら私は応援するだけ。

声なんて届かなくていい。

見つけてもらえなくたっていい。

精いっぱい応援する。それだけ。

委員長のかけた言葉は1年前と同じでした。

 

勝って さんがく!!

 

その瞬間、真波がかすかにうなずいたように見えました。

委員長の声は届いているのでしょうか・・・?

 

真波山岳

すごいなぁオレ。これだけの歓声の中から委員長の声、聞き分けたよ。なんでだろ。

 

この1年、たくさん話を聴いてもらっていたからかもしれません。

 

中の人
届いたよ、委員長!
ムスメ
・・・なんか気に入らねぇ。
中の人

・・・何が?

 

真波山岳

「勝って」?
ああ・・・・・・

 

真波山岳
当然だよ。

 

彼はそのためにここ・・にいるのですから。

ハコガク加速!!

後続の坂道に少し差をつけました。

スポンサーリンク

「追いかけなさい」

坂道を応援する母。

息子の雄姿を写真におさめようと、スマホを持つ手に力が入ります。

入りすぎて・・・

 

中の人
お母さん・・・地面の写真がいっぱい撮れてるよ・・・。

 

もうすぐ坂道が通過します。

 

追いかけなさい坂道!!

 

小野田坂道
はい!!

 

小野田坂道

今、母さんみたいな声がした。思わずつられて「はい」って言ってしまった。

 

ムスコ
こっちも去年と同じだね。笑
中の人
まぁ鳴子くんが落ちるところから何から去年と・・・・・・
ムスメ
皆まで言うな。

 

少し後れて先頭の真波を追いかける坂道。

 

追いかけなさい。

 

小野田坂道

昔よく母さんに言われた言葉だ。

 

幼いころの坂道は、ボールがヤブに入ると途端に追いかけるのをやめてしまう子でした。

何が飛び出すかわからない道が怖かったのです。

でも今は違います。

ヤブの中にも一人で入っていけるようになりました。(たぶん・・・)

 

小野田坂道

この道だって、一人で走っていける。

 

それは、先輩方や後輩たち、そして友達が ────

 

小野田坂道

皆がボクにたくさんの力と勇気をくれたからだよ!!

 

体はキツい。

だけど追いかける。

皆の想いを背負って。

スポンサーリンク

弱虫ペダル529話ネタバレ編集後記

中の人
まなみんに並んだねぇ、小野田くん。
ムスメ
去年と同じに・・・。
中の人
今度はアナタが言うんですかい。
ムスコ
いやだってホントのこと・・・。
中の人
だまらっしゃ ─── い。
ムスメ
ホントのことしか言ってませんが、何か。

 

まぁね・・・確かにね・・・。

そりゃムスメも58巻ぐらいから読まんくなるっちゅー・・・。

 

中の人
いや、私はきたりしませんよ。たとえ去年と同じでも。

 

む・・・ムムム・・・。

無理なんて してないぞ。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください