弱虫ペダル530話『闘う資格』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2019年11号】

週刊少年チャンピオン2019年11号
発売日:2019年2月14日(木)

弱虫ペダル530話『闘う資格』(20ページ)

弱虫ペダル530話『闘う資格』登場人物

 総北高校

◆ 小野田坂道
◆ 金城真護(OB)
◆ 巻島裕介(金城の回想)

  箱根学園

◆ 真波山岳
◆ 荒北靖友(OB)

弱虫ペダル530話『闘う資格』ネタバレ

山王、真波に並ぶ。

ゴールまで残り700m。

両者の意地がぶつかり合います。

・・・残り650m。

坂道が前に出ました。

真波はイン側にコースを変え、前へ。

坂道にぶつかります。

 

真波山岳

獲る!!

小野田坂道

届けるんだ!!

真波山岳

ゴールを!!

小野田坂道

ジャージを!!

スポンサーリンク

 

軍配

2人がひた走るその先650mの場所にあるのは、日本国道最高点・渋峠しぶとうげ

インターハイの最終ゴールです。

2人の勝負のゆくえを見守っているのは・・・

 

ムスメ
金城さん!
中の人
荒北センパイ!
ムスコ
田所さんも!

 

アナウンスが流れてきました。

「700m地点を過ぎて、先頭2人はまだ拮抗きっこう状態です。」

※拮抗・・・ほぼ同等の力量をもって張り合う様子。

栄冠を手にするのはどちらでしょう・・・?!

 

荒北靖友
オワってみなけりゃワカらねェのがロードレースだ。

 

荒北靖友
けどォ 金城ォ・・・

 

荒北は続けます。

この勝負の軍配ぐんばいは・・・

※軍配・・・勝敗・善悪などの判定がなされること。

 

荒北靖友
圧倒的に真波だ。

 

荒北もまた、真波の苦しみを知っていました。

初めは1年をインハイに出すことに猛反対していた荒北でしたが、彼の実力は認めざるを得ませんでした。

そして去年のインハイでの敗北が真波をさらに強くしました。

 

荒北靖友
目つきが変わった。ニオイもな。

 

確かに小野田チャンもがんばり屋。この1年がんばっただろう。

けど、このいただきのゴールを最初に獲る者には必要な「資格」がある。

小野田チャンには「カベ」は突破できない。

・・・と荒北。

 

中の人
そうか・・・荒北センパイは坂道が苦しんだこと知らないから・・・。
ムスメ
確かに、悩みなんてないように見えるもんね。
中の人
ていうか小野田くんのこと見てないじゃん、荒北センパイ。

 

だよね。

そもそも高校が違うし、卒業後は静岡に行っちゃったし。

スポンサーリンク

 

坂道の焦り

真波、ペースアップ。

坂道は後れを取りました。

 

荒北靖友
残り500mが近づいて、もしそこで10m以上の差がついてたら、そんときは先走ってるヤツの勝ちだ。

 

失敗。悔しさ。どうにもならない想い。

そうしたものが勝敗を分ける。

 

荒北靖友
そいつを持ってねェヤツは ──── 正直、勝てねェ!!

 

外れてしまった坂道の右足のビンディングは、なかなかハマりませんでした。

さっき真波とぶつかったとき足をねじり、そのはずみ・・・で外れてしまったんですね。

真波との差は開きます。

5m・・・6m・・・・・・8m!!

 

小野田坂道

ここでの差はたぶん致命的なものになる!!

 

坂道はあせっていました。

ゴールまでは残り600m。

真波との差はさらに開きます。

スポンサーリンク

 

資格

「あるな、小野田にも・・・その『資格』が。」

荒北の主張を聴き終わると、金城は言いました。

荒北から見ると、坂道は「元気いっぱい明るく楽しく」順調に成長してきたように見えるかもしれません。

でも坂道にも苦しいときがありました。

どうにもならない想いを飲み込み、乗り越え、強くなったのです。

彼はインターハイ優勝とほぼ同時に「大切なもの」を失ったのですから。

 

ムスメ
あぁ・・・巻ちゃんの渡英・・・。私も悲しかったよ・・・。
中の人
巻ちゃんには何となく海外のほうが似合ってるけどね。
ムスコ
・・・確かに。笑

 

坂道には、勝利に対するモチベーションがありません。

そんな彼にとって最も大切なものは「つながり」。

坂道は、仲間たちと「つながる」ために自転車に乗るのです。

「その男が失ったもの ──── 少し語ろうか。」

次回、金城が語ります。

スポンサーリンク

 

弱虫ペダル530話ネタバレ編集後記

中の人
金城さん、キャプテンとして最後に何やら「仕事」をしたらしい。
ムスメ
ほぅ。
中の人
巻ちゃんが9月なんかにいなくなっちゃうから。
ムスメ
いやだって海外の学校は9月始まりだから。
中の人
あっそうか!
ムスコ
大学も?

 

  • 1学期:9月~12月
  • (クリスマス休暇)
  • 2学期:1月~3月
  • (イースター休暇)
  • 3学期:4月中旬~5月
  • (サマーホリデー)

というのが一般的なんだそうですよ。

 

ムスコ
夏休み長っ!!!

 

というわけで、次回は坂道の「1年間」が語られますよ。

そういえば、巻ちゃんがいなくなってしばらくは、かなりグダグダになってましたもんね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください