弱虫ペダル533話『復調』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2019年14号】

週刊少年チャンピオン2019年14号
発売日:2019年3月7
日(木)

弱虫ペダル533話『復調』(21ページ)

ムスコ
「復調」の意味が難しいって人のために解説するよ。
中の人
「ふくちょう」と読みます。体などの調子が元に戻ることです。
ムスコ
小野田くんの調子が戻るってことだね。よかった!

弱虫ペダル533話『復調』登場人物

 総北高校

小野田坂道
今泉俊輔
鳴子章吉
手嶋純太
◆ 田所迅(OB) 
◆ 巻島裕介(OB)

 洋南大学

◆ 金城真護
◆ 荒北靖友

弱虫ペダル533話『復調』ネタバレ

今年1月。

総北高校自転車競技部のメンバーは峰ヶ山を走っていました。

かじかんだ手でボトルを取ろうとし、落としてしまった坂道でしたが、皆に追いつき、驚かせてます。

しかも途中でちぎれた青八木を連れて戻ってきたのです。

 

ムスメ
青八木さんはスプリンターだから登りが苦手なの。

 

坂道の復調を予感した手嶋キャプテンは急きょメニュー変更を宣言しました。

 

手嶋純太
小野田、1番で山頂まで行けるか? 「競争」だ。

 

ただし、「競争」に厳しい条件をつけました。

坂道に1分間の待機時間を与えたのです。

坂道のスタートは皆がスタートしてから1分後。

山頂までは4km。

できるか、坂道 ─────── ?!

 

小野田坂道
はい!!  試してみます!!

 

「試してみる」と言えるメンタルこそが復調のきざし・・・

手嶋キャプテン、うれしそうです。

スポンサーリンク

 

坂道の復活

坂道はまず鳴子を抜きました。

 

中の人
あれ?  青八木さんは?
ムスメ
描くまでもなくサクッと抜いたってことなんだろうね。笑

 

そして手嶋に追いつき・・・

 

手嶋純太
抜けるかよ?!
小野田坂道
抜いてみせます!!

 

坂道は手嶋を抜き去り、さらに今泉を抜きました。

 

手嶋純太

すげぇ・・・やりやがった、小野田。オレを抜いたときの あの目 ────。

 

坂道は間違いなく復調している。

手嶋は確信しました。

 

手嶋純太

こりゃあさっそく報告だ。金城さんに!!

スポンサーリンク

 

坂道の願い

こうして坂道は暗闇を抜けたのでした。

そのときまでは金城さんもわからなかったんですって。坂道が何をモチベーションとして自転車に乗っているのか。

インターハイで優勝を勝ち取った坂道に、あるとき金城はたずねました。

 

「来年も勝ちたいか?」

 

この問いに対し、坂道はこう答えました。

 

小野田坂道
他の皆さんが勝ってくれて、ボクはそのサポートが全力でできれば、それでいいです~。

 

金城さんは遠慮だと思っていましたが、それは違いました。

坂道の本心だったのです。

彼は「勝利」を望んでいません。

前を追いかけるために ───
仲間とつながるために ───

そんなシンプルな理由で自転車に乗っているのです。

最もわかりやすい理由でした。

託され、
頼まれ、
精いっぱい走る。

その走りこそが、ロードレースそのものだ。

金城は言いました。

スポンサーリンク

 

先頭を追う坂道

インターハイ最終ゴールまで残り600mを切りました。

依然、真波がトップを走ります。

坂道のシューズの金具はまだペダルにハマっていません。

 

小野田坂道

はまれ はまれ はまれ!!

 

 

ムスコ
はまった!!

 

坂道はケイデンスを上げます。

 

 

荒北靖友
だとしたらアンのかもしれねェな、小野田チャンにも。インターハイの最後のゴール戦う「資格」てのが!!

 

山王、再び加速。

でも、ついてしまった10mの差はなかなか埋まりません。

あと少しで残り500mを切ります。

 

小野田坂道

どうする・・・!!
どうする・・・!!
どうする・・・!!

 

そのときでした。

山の斜面から坂道を見守る人影が・・・。

 

小野田坂道

─────── !!

 

スポンサーリンク

 

弱虫ペダル533話ネタバレ編集後記

中の人
どうしてゴールで見ててやらなかったのかねぇ。
ムスメ
このあたりで小野田くんが「どうする・・・?!」ってなるのを見越してたんじゃないの?

 

金城さんをもって「意外性の男」と言わしめた坂道を上回る意外性の男ですから。

 

ムスコ
何たって、9月からのイギリス留学をギリギリまで仲間に黙ってる男だからね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください