弱虫ペダル538話『勾配』ネタバレ・あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2019年19号】

週刊少年チャンピオン2019年19号
発売日:2019年4月11日(木)

弱虫ペダル538話『勾配』(20ページ)

弱虫ペダル538話『勾配』登場人物

 総北高校

小野田坂道

 箱根学園

真波山岳

弱虫ペダル538話『勾配』ネタバレ

ゴールまでは残り170m。

 

真波山岳
やろうよ、出し惜しみのない勝負を。インターハイで。

 

約束の勝負が今、現実のものとなっています。

両者一歩も譲らず。真横に並んだままゴールへ向かいます。

残り160m。

残り・・・150m!!

まだ並んでいます。

スポンサーリンク

 

勾配

しかし、ここから先は斜度が変化わる区間。少し勾配こうばいがキツくなっているのです。

坂道は 1段階ギアを軽くし、回転数ケイデンスはそのままに登ります。

一方の真波はギアを重くし、バイクを振って駆け上がります。もちろん速度はキープ。

 

真波山岳
そっれぇぇ!!

 

「今年の箱根学園ハコガクは本気でジャージをうばい返しに来てる!!」

 

中の人
いやいや・・・去年の雪辱があろうとなかろうと、いつでも勝負は本気でしょ。
ムスメ
そりゃそうだよね。

 

ギアの差はそのまま速度の差になります。

・・・なるんだそうです。

上り坂が終わりました。

車体 1つ分、真波が前に出ました。

ゴールまで残すところ110mの地点まで迫っています。

スポンサーリンク

 

小さな差

真波山岳

あとはゴールに向かって100m踏むだけだ!!

小野田坂道

ついた!!  差が・・・!!

 

小さな差。

されど、ゴールまで100m少しを残すのみとなったココ・・にあっては、とてつもなく大きな差です。

 

小野田坂道

苦しいけど、ボクはまだあきらめないよ、真波くん!!

 

ムスメ
当たり前だよ坂道くん。

 

真波山岳

坂道くん ──── もうすぐだよ。もうすぐ「約束の勝負」が終わる!!

 

ゴールまでは残り100m。

坂道は真波に 1車体分のリードを許したまま、ゴールへと向かいます。

スポンサーリンク

 

弱虫ペダル538話ネタバレ編集後記

ムスメ
次号から 3号連続巻頭カラーが決定してるらしいよ。
中の人
ほぅ!  楽しみだねぇ♪
パパ
それは・・・楽しみ半分、「向こう 3話分は勝負の決着を見ないことが決定したのね・・・」って気持ち半分だね。
中の人
いやもうれったいのは慣れっこですよ。

 

ゴールまで残り10mぐらいのところで、「そういえば、あの日・・・」とかって、どっちかの回想が始まるんじゃないですかね。

なんて深読みしちゃいますね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください