自転車通勤カバンは出勤スタイルで選ぶ!おすすめのバッグ・リュック

  • 自転車通勤用のカバンが欲しい
  • おすすめのカバンが知りたい
  • どんなポイントで選べばいい?

 

ライス
本業は高校教師のわたくしライスが、そんなあなたの悩みを解決します。

 

この記事を読めばわかること

  1. おすすめの自転車通勤用カバン
  2. 自転車通勤カバンを選ぶポイント

3年間毎日往復40kmの長距離をロードバイク出勤している私が解説します!

 

自転車通勤のカバンおすすめはズバリ2タイプ!

自転車通勤におすすめのカバンはどんなものでしょう?

答えはこの2タイプ。

  • リュック(バックパックともいいます)
  • メッセンジャーバッグ

 

では、リュックとメッセンジャーバッグの特徴と違い、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

 

リュック(バックパック)

形状については説明は要りませんね。みんなの知ってる「リュックサック」です。

「バックパック」とも呼ばれます。

数年前まではスーツ姿にリュック姿はミスマッチとされてきましたが、最近ではスーツにも似合うスマートなデザインのリュックが増えてきました。

リュックを背負った通勤風景もよく見られるようになりましたよね。

リュックタイプの中にはブリーフケースとしても使えるモデルも多いので、重たい資料を持って得意先を回るときにも便利ですよ。

 

リュックのデメリット

  • 背中が蒸れる
  • 荷物の出し入れに手間取る
    (カバンを降ろさないと出し入れができない)
  • 容量の少ないものがある
  • 真っすぐで硬いパソコンなどに適していないものがある

 

ライス
背中の蒸れはリュックとメッセンジャーバッグ共通の悩みですね。

 

荷物の出し入れはカバンを降ろしてからでないとできません。

しかし、出勤中にカバンから物を取り出すことは少ないので、あまり問題ないですね。

 

リュックのメリット

  • 左右のバランスが均等だから肩への負担が均一
  • 安定感がある
  • レインカバーつきのモデルあり
    ⇒ 突然の雨にも対応できる

 

リュックの最大のメリットは安定性です。

肩への負担、運転時のバランスなど、安定感を求める人はリュックがよいと思います。

私が毎日片道20kmの長距離通勤をこなせるのも、この安定感のおかげです。

 

 

メッセンジャーバッグ

メッセンジャーバッグは、その名のとおり、書類を運ぶ「メッセンジャー」と呼ばれる人のために開発されたアイテムです。

走行中ジャマにならないよう、斜め掛けのストラップをタイトに調整し、背中にフィットさせて背負うのが主流です。

突然の雨にも対応できる防水性、耐久性などのタフな機能を兼ね備えた本格的なタイプもそろっています。

 

メッセンジャーバッグのデメリット

  • 背中が蒸れる
  • どうしてもずれてくるので、長距離は向いてない
  • 片側の肩に負担がかかる

 

背中の蒸れはリュックとメッセンジャーバッグ共通の悩みですが、メッセンジャーバッグの方が蒸れにくいです。

ただ、メッセンジャーバッグはズレやすいです。ベルトをきちんと締め体にフィットさせたとしても、10kmも走ればズレてしまいます。

職場が遠い場合はメッセンジャーバッグを避けたほうが無難かな。

片側の肩に負担がかかりますが、思いっきりベルトを締め体にフィットさせることで体全体で支えることになり、肩への負担を和らげることができます。

 

メッセンジャーバッグのメリット

  • 物の出し入れがスムーズ
  • なんかカッコいい

 

ライス
メッセンジャーバッグには荷物だけでなくロマンが詰まっているんです。

 

荷物の出し入れがスムーズにできるような作りになっているので、通勤や退勤の途中で寄り道して買い物をする人にとって便利ですね。

 

自転車通勤カバンは出勤スタイルで選ぶ!おすすめバッグ・リュック

防水性や通気性などの基本的な機能は、実はほとんどのカバンに備わっています。

そのため、結局どのカバンにすればいいのか選べないですよね…。

 

そんなときは自分の通勤スタイルに合った機能を重視してカバンを選びましょう。

通勤スタイル別におすすめのカバンを紹介します。

 

  1. 通勤距離が長い人
  2. パソコンを持ち運びたい人
  3. 荷物はスマホと財布だけの人
  4. お弁当を持ち運ぶ人

通勤距離が長い人

  • 長距離…基本的にリュック推奨
  • 短距離…メッセンジャーバッグも可

短距離であればどちらでも構いませんが、長距離の場合メッセンジャーバッグは避けた方がいいでしょう。

片側の肩に負担が集中しがちなメッセンジャーバッグでの長距離運転は、肩が痛くなってしまう原因となります。

およそ10㎞以上運転する人はリュックの方がいいと自転車屋の店主(元メッセンジャー)が言っていました。

 

パソコンを持ち運びたい人

パソコンを持ち運ぶのであれば、リュックをおすすめします。

リュックの方がパソコンを持ち運ぶことを想定した構造のものが多いと感じます。

パソコンを入れるためのポケットがついていて、衝撃を吸収するクッションを備えているので、安心して持ち運ぶことができます。

なお、メッセンジャーバッグにもパソコンを持ち運ぶことを想定したものがあるので、お好みで選びましょう。

選ぶポイント

  • ノートパソコンの出し入れがスムーズにできる
  • 自分のパソコンを入れるための十分な容量がある

 

 

荷物は財布とスマホのみの人

持ち運ぶ荷物が少ない人は、小さいカバンを選びましょう。

大きいカバンで物があまり入っていないとスマホや財布が中で暴れてしまうかも。

カバンの中で壊れたりお金が散らばったりしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

 

荷物が財布とスマホしかない人は、サコッシュもおすすめです。

サコッシュとはコンパクトで軽いショルダーバッグ。

最低限の物しか入らないように作られているので、持ち物がスマホと財布だけの人にはぴったりですね。

 

お弁当を持ち運ぶ人

お弁当を持って出勤する人であれば、リュックじゃないと厳しいかもしれません。

メッセンジャーバッグは動かすことが多いため、ひっくり返って汁漏れの危険性大ですから。

エレコムの”off toco 3WAY PCバッグ”は、中をファスナーで区切ることができるので、万が一お弁当が漏れても他の荷物が汚れることはありません。

 

まとめ:自転車通勤に最適なカバンはリュックかメッセンジャーバッグ!

 

リュック(バックパック)を選ぶべき人

  • 職場までの距離が長い
  • 安定した通勤を重視する人

 

メッセンジャーバッグを選ぶべき人

  • 職場との距離が短い
  • 安定感よりロマンを重視する人

 

ライス
自分の通勤スタイルに合ったものを選ぶのがポイントですね。

 

カバン選びは、自転車通勤を快適にするためにとっても大事な要素のひとつです。

自分のスタイルに合った理想のカバンに出合えば、自転車通勤がきっともっと快適に、楽しくなりますよ。

 

この記事を書いた人:ライス先生
ぜひ遊びに来てくださいね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください