殿堂入り!真波山岳の名勝負・名シーンと問題のシーン?!羽根はいつ出る?【弱虫ペダル|箱根学園】

真波山岳(C.V. 代永 翼)
真波山岳(C.V. 代永 翼さん)

弱虫ペダル公式天使まなみんの名場面集です。
あくまでも個人的感想な上、ネタバレを含みますので、アニメ組のあなたは閲覧注意です。

真波山岳のwiki!あざと可愛いクライマーの超絶危険な過去と病気の真相に迫る!!【弱虫ペダル|箱根学園】

2016.11.29

 

可愛すぎるクライマー真波山岳の『中の人』についても書きました。
ぜひ読んでみてくださいね!

声優・代永翼という性別とあざと可愛い生き方について―真波山岳@弱虫ペダル

2016.11.30

代永翼のイケボに悶絶!!アニメやBLCD~乙女ゲームまで!!裏名義にも迫っちゃえ!!

2016.12.01

スポンサーリンク

先に問題のシーンから紹介しちゃお♡

その手は必要あった?

真波クン初めてのインターハイ3日目の序盤。
広島呉南工業の待宮栄吉が集団をコントロールして巨大な蛇と化し、先頭を飲みこもうとしている、その不穏な空気を感じ取った真波クンが坂道に語りかけるシーンです。

20巻 RIDE.165『広島呉南』(p.31)
20巻 RIDE.165『広島呉南』(p.31)

『スッ』『グッ』・・・・・その抱き寄せる手は必要だったの・・・?
着てるのがジャージじゃなくて、乗ってるのがロードバイクじゃなくて、走ってるのがロードレースじゃなかったら・・・♡
なにげに、セリフにまで愛情があふれちゃってますしね。
イヤハヤ仲良しこよしの2人のイチャコラ問題シーンです (//∇//)

問題(?)のシーン その2

あ、う・・・うん。たしかそういう公式ルールだったよね。汗

27巻 RIDE.226『約束の道』(p.12)
27巻 RIDE.226『約束の道』(p.12)

27巻 RIDE.226『約束の道』(p.13)
27巻 RIDE.226『約束の道』(p.13)

天使が舞い降りた!!
つい羽根が出ちゃった珠玉の名シーン

インターハイ出場をかけた黒田とのF組レース

真波クン1年次の箱根学園。
インターハイ6人目の出場者を決めるF組レースで、同じくクライマーの2年・黒田雪成と勝負します。
黒田センパイの登りは力強くて変速のタイミングが上手く、ダンシングにも無駄がない・・・上手いなァ、なんて感心しながらも、真波クンは「次の直線で抜きます」と宣言。
追い風に乗って加速する、これが真波クンの『初羽根シーン』です。

8巻 RIDE.65『真波山岳』(p.106-107)
8巻 RIDE.65『真波山岳』(p.106-107)

そして黒田センパイ惨敗。
インハイへの6枚目の切符は真波山岳が手にしたのでした。

1年次インハイ3日目、御堂筋との一騎打ち

ロードは自然との闘い。
でも自然は大きい。御することなんてできない。
だから自然の声を聴くんだ。

24巻 RIDE.204『一歩一歩』(p.75)
24巻 RIDE.204『一歩一歩』(p.75)

24巻 RIDE.204『一歩一歩』(p.76-77)
24巻 RIDE.204『一歩一歩』(p.76-77)

1年次インハイ3日目、残り2,500m

トップを走る今泉を抜いた瞬間。

25巻 RIDE.211『今泉 vs 御堂筋』(p.72-73)
25巻 RIDE.211『今泉 vs 御堂筋』(p.72-73)

25巻 RIDE.211『今泉 vs 御堂筋』(p.78-79)
25巻 RIDE.211『今泉 vs 御堂筋』(p.78-79)

25巻 RIDE.211『今泉 vs 御堂筋』(p.81)
25巻 RIDE.211『今泉 vs 御堂筋』(p.81)

ここは3枚1組で1シーンと数えますね。

坂道との一騎打ち

26巻 RIDE.218『闘う意思』(p.43)
26巻 RIDE.218『闘う意思』(p.43)

でもその羽根は、ケイデンスを上げて追いついてきた坂道に折られてしまいます。

26巻 RIDE.218『闘う意思』(p.44-45)
26巻 RIDE.218『闘う意思』(p.44-45)

山頂が近づくと・・・

心が逸〔はや〕り、自然とギアが上がるのだという・・・。

26巻 RIDE.220『マナミノツバサ』(p.86)26巻 RIDE.220『マナミノツバサ』(p.86)

26巻 RIDE.220『マナミノツバサ』(p.87)
26巻 RIDE.220『マナミノツバサ』(p.87)

トップギア

ギアは8段目までにしておけというキャプテン福富の指示にそむいた報いを受けてしまった真波山岳・・・。

26巻 RIDE.223『ラストギア』(p.136-137)
26巻 RIDE.223『ラストギア』(p.136-137)

しかし強い心でもって巻き返します。

26巻 RIDE.223『ラストギア』(p.146-147)
26巻 RIDE.223『ラストギア』(p.146-147)

応援している観客には光の翼が見えるようです。
クライマーズ・ハイならぬオーディエンス・ハイ?

箱根学園の追い出し走行会にて

30巻 RIDE.256『箱根学園 最後の走行会』(p.88)
30巻 RIDE.256『箱根学園 最後の走行会』(p.88)

自転車に乗ってなくても出る・・・?

ふふ。これはカウントしません。当たり前か。

33巻 RIDE.279『電話』(p.14-15)
33巻 RIDE.279『電話』(p.14-15)

33巻 RIDE.279『電話』(p.15)
33巻 RIDE.279『電話』(p.15)

2年次インターハイにて

総北キャプテン驚異の凡人・手嶋純太との一騎打ちで見せた羽根。

38巻 RIDE.324『真波の“羽根”』(p.96-97)
38巻 RIDE.324『真波の“羽根”』(p.96-97)

結局、羽根が出たのって何回だった?

コミック1~47巻(2016年11月8日時点までで発売されているもの)の中で羽根が出ちゃった回数は・・・
ハイケイデンスで計測中ですm(__)m

38巻までで、光の羽根を入れて9回です。
続きまだまだがんばりまーす。
山頂は遠いな・・・。

スポンサーリンク

殿堂入り決定!!
真剣な表情にホレボレする名シーン

初めての本気

天使のまなみんが初めてギラっと本気の顔を見せたシーンがコレ。

6巻 RIDE.46『朝霧の再会』(p.85)
6巻 RIDE.46『朝霧の再会』(p.85)

神奈川県にあるCSP(サイクルスポーツパーク)で合宿中の総北。
『面白い登りをするヤツがいる』との先輩からの情報(指令?)を受け、真波クンが偵察に訪れます。

このとき早朝練習のためコースに出ていた坂道と2回目の対面を果たし、坂道の申し入れで坂の上まで勝負することに。
この勝負の最中、真波クンは初めて坂道に名前を聞きます。

坂の頂上まで残り100m。
追いついてきた坂道の高回転に真波クンは驚き、歓喜します。
そのとき坂道が競技用のシューズではなく普通のスニーカーで走っていたことに気づき、本気の顔になったのです。

勝負は坂道の惨敗に終わります。
残念ながら、このときは まだ まなみんの翼は見られません。

闘争心みなぎるまなざし

1年次インターハイ3日目、「エースを守れ!!」との東堂さんからの指令を果たすべく挑んだ御堂筋との一騎打ちで見せた表情。

24巻 RIDE.201『箱根学園ゼッケン6番』(p.33)
24巻 RIDE.201『箱根学園ゼッケン6番』(p.33)

24巻 RIDE.203『風』(p.72)24巻 RIDE.203『風』(p.72)

普段ふわふわニコニコしている天使のような まなみんとのギャップに萌えますね (//∇//)♡

スポンサーリンク

殿堂入り決定!!
真波山岳の名シーン

まなみんの名シーンを個人的な好みでピックアップしました
この記事を書くため弱ペダ(コミック版)を1巻から全て読み返したんですが、要らんことをしてしまったと少々後悔。
第3期アニメ放送開始の待ち遠しさが急上昇してしまいました (//∇//)

20巻 RIDE.167『アラキタ』

箱根学園1年生の真波クンにとって初出場のインターハイ3日目 序盤。
呉の闘犬・待宮栄吉がつくり上げた集団に飲み込まれた荒北が、同様に巻き込まれた真波と坂道を連れて飛び出そうとしているときの真波クンのギラッとした表情にきゅん♡と来るシーンです。

20巻 RIDE.167『アラキタ』(p.98)

この半目気味な本気のまなざしは、どことなく箱根学園の次期副キャプテン黒田雪成にも似ています。

20巻 RIDE.168『3人の追走!!』

物語序盤で坂道と出会ったばかりの鳴子クンが「浪速のスピードマンは風と友達や」って言ってましたけど、真波クンにお株を奪われてしまいました。笑

20巻 RIDE.168『3人の追走!!』(p.111)
20巻 RIDE.168『3人の追走!!』(p.111)

20巻 RIDE.168『3人の追走!!』(p.111)

25巻 RIDE.209『浸食』

1年次インハイ3日目、ゴールまで残り6kmを切ったあたりで福富キャプテンが訪ねた「176番はどうだ?」の問いに対し真波クンが発した言葉。

「危険ですよ」 25巻 RIDE.209『浸食』(p.33)

真波クンは総北のゼッケン176番・小野田坂道のことを『危険』な男であると表現します。
その一方で、彼との勝負を心底 楽しみにしていることがうかがえる、少々怖くさえあるギラついた笑顔が印象的です。

スポンサーリンク

『生きてる』って感じるシーン

『生きてる!!』って感じる瞬間。
自転車乗り真波山岳の代名詞とも言える このセリフ。
作中、何度も出てきますね。

幼いころ体が弱かった彼は『生』への執着が強く、この苦しさを『生きている』という感覚に変換して、これを得るために走っています。

20巻 RIDE.168『3人の追走!!』

20巻 RIDE.168『3人の追走!!』(p.114)

24巻 RIDE.202『真波の笑い』

24巻 RIDE.202『真波の笑い』(p.60)

弱ペダ公式天使まなみんのこと、もっと知ってね♡

真波山岳のwiki!あざと可愛いクライマーの超絶危険な過去と病気の真相に迫る!!【弱虫ペダル|箱根学園】

2016.11.29

 

可愛すぎるクライマー真波山岳の『中の人』!

声優・代永翼という性別とあざと可愛い生き方について―真波山岳@弱虫ペダル

2016.11.30

代永翼のイケボに悶絶!!アニメやBLCD~乙女ゲームまで!!裏名義にも迫っちゃえ!!

2016.12.01

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

『弱虫ペダルふぁん.com』の中の人

ムスメがなかなか次の消しゴムはんこを作ってくれないことと、中国地方での放送が2日後であることに不満を隠せない弱ペダ大好き主婦、42歳。
推しメンは荒北靖友。「バァーカ」ってデコ小突かれたい (//∇//)♡

この記事を読んで弱ペダがもっと好きになったらシェアよろしくね *^_^*♪