CANOVER(カノーバー)ZENOS(ゼノス)で5ヶ月通勤した感想

 

自転車通勤初心者がロードバイクを選ぶ際に重要な点はいくつかありますが、私が最も重要視したポイントはやはり価格!

安全性も考慮したいところですが、危険性をゼロにすることはできませんので、可能な限りの対策をしつつ、できるだけ安いロードバイクをチョイスしたいところ。

そんな中、発見したのが、記事のタイトルにもあるCANOVERのZENOS(CAR-011)。
定価は10万円を超えますが、なぜかAmazonでは5万円台で購入できちゃいます。

メーカー名と価格帯で何となくどれくらいのグレードなのかは想像できますが、そもそもロードバイクに乗ったことがないので、メーカーごとの違いなんてのは分かりません(汗

ともあれ、初めてのロードバイクとしてZENOSを迎え入れることとなりました。
果たしてこの選択が吉と出るか凶と出るか・・・

何にせよ、もしZENOSの購入を検討されている方がいらっしゃいましたら、参考になれば幸いです。
あくまでロード初心者の感想なので、的外れなことを書くと思いますがあしからず。

ZENOSってこんなロードバイクです

定価ベースで見ると、エントリーモデルよりちょっと上くらいでしょうか?
実際の販売価格で見ると、超初心者向けと言える価格帯なので、とりあえず安価でロードバイクに乗り始めたい私みたいな層にとっては、非常にありがたい自転車です。

諸元はよく見てもわかりません(汗

要するにアルミフレームのロードバイクであり、フレームのサイズは1種類しかないこと。
フロント2段、リア8段の変速機であること、くらいでしょうか。

色や形は写真を見ればわかりますので、買う前はこの程度の感覚でしかありませんよね。

ロードに詳しい人なら、フレーム以外のパーツもチェックするのでしょうけど、「シマノ製のClaris」とか言われても知りません(汗
調べればいくらでもわかりますが、それはあくまで知識として知るレベルであって、実際に使ってみてどうなのか、までは分かりません。
通勤で使うレベルだし、Clarisとかっていうモデルでも問題はないでしょ?

ロード初心者の私としては、「ドロハン、カッケー!」とか「ブレーキとかギア変えるヤツってどれなん?」って感想しかありませんでした。
最初はみんなそんなもんでしょ?

そんな中で一番気になったのはフレームのサイズです。
ZENOSには490mmのワンサイズしかラインナップがありません。
ちなみに私は身長173cm。
490mmはちょっと小さめのサイズかなぁとか考えましたが、小さいほうが軽いし、サイズ調整は「パーツのやりくりで可能」とどこかのサイトで読んでいたのでマーイーカ。
結果的には特にパーツの変更もなく乗れているし、今となっては姿勢もしんどくないのでそういった心配は杞憂でした。

買う前や買った後、届いて乗ってみるまで不安が付きまとうのは初心者の性みたいなものですから、諦めて不安がりましょうw
少々雑な説明ですが、最初の印象はこんな感じでしたね。

スポンサーリンク

到着から乗り出すまで

Amazonでポチってから翌々日のお昼には我が家にいらっしゃいました。
相変わらず早いですねAmazon・・・
配達業者様の気苦労が伺えます(汗

ZENOSは、というか通販で購入する場合、完成品として届くことはなく、自分で組み立てる必要があります。
でもご安心ください。
余程の不器用でもなければ組み上げられないものではないでしょう。
私も最初は自分でブレーキやシフターなんかを付けられるのか不安でいっぱいでしたが、大き目の段ボールに梱包されて届き、ほとんど完成品の状態で届きます。
パーツとして外されているのはタイヤ、ハンドル、サドル、ペダルくらいです。
多分、一度すべて組み上げて、それから段ボールに収めるように外しているんだと思われます。

外されているパーツは、付属の工具で取り付け可能です。
唯一クイックリリースとリムの取り付けに難儀するくらいでしょうか。
すべて組み終わったらメンテナンススタンド(事前購入をおススメします)で自立させて、ペダルを回しながらシフトチェンジして動作を確認しましょう。
シフトチェンジに違和感があるようなら自分で調整、もしくは近所の自転車屋さんへ持ち込んで調整してもらいましょう。

ちなみに、うちへ届いたZENOSはリアのシフトチェンジは問題なかったのですが、フロントのディレーラーやシフトチェンジには違和感満載(汗
フロントをアウターにして、リアを重いギアに近づけていくとフロントディレーラーにチェーンが干渉していました。
これを当たらない様に調整すると、今度はシフトチェンジがシビアになりました。

悪戦苦闘すること30分・・・諦めました(汗

通勤で使うだけなので、フロントをインナーにすることは無い(激坂が無い)し、たとえ平坦であってもリアの一番重いギアにかけることは無い(貧脚)。
念のため、フロントディレーラーはシフトチェンジが出来るぎりぎりの状態で調整し、リアのギアの重いギア2枚以外はチェーンと干渉しない様に調整して終了。

素人調整なので本当はもっとキレイに調整できるんだろうと思っていたのですが、どうやら、そうではないようです。
コンポすべてがClarisって訳じゃないために起こっている現象のようです。
シフターと前後ディレーラーはClarisと明記されていますが、クランクやスプロケがClarisとは書かれていません。
Clarisと汎用品との互換性ってところもあるみたいですが、概ね私の素人調整のせいでしょう(汗
このあたりが低価格商品の定めなのでしょう。

だからといって乗れないわけじゃないし、使えるギアは十分あります。
許容できない方はコンポ一式をセットで交換って手もありますが、本体5万円の代物に車体金額と同じかそれ以上のコンポを用意するのってちょっと・・・ね(汗

初めてのロードバイクだし、安いし、とりあえず乗り潰す覚悟でお付き合いするつもりです。

そして5ヶ月後・・・

ピカピカのZENOSを相棒に、1ヶ月800Kmを5ヶ月。
約4,000Kmを走った結果、はたしてZENOSはどうなったでしょうか?

ロードバイクで行く自転車通勤お助けサイト、はじめました!

 

今でも元気に走ってくれています。
メンテナンスは1~2週間に1回、チェーン・ディレーラー・スプロケを中心に汚れを落としつつ注油。
ボディーは濡らした布切れでゴシゴシ。
リムやスポークにも汚れは付きますから、そのあたりも綺麗に。
これらを定期的に行っていれば、ヘソを曲げることなく素直に走ってくれているのでありがたいことです。

フロントのシフトチェンジも慣れればきれいに決まるようになったので、傾斜のキツイ坂道もなんのその。
走りに関しては5ヶ月前と何ら変わらないのですが、まったく変化がないわけではありません。

まず最初に変化が現れるのはリム。

 

「オールブラックリム」と銘打っていますが・・・

1ヶ月もするとブレーキ面の黒は禿げ上がり、地のシルバーが顔をのぞかせます。
自慢のCNC加工が黒い部分を指しているのか、それとも黒が剥がれてからが本領発揮なのかはわかりませんが、ブレーキ面だけキレイにシルバーなので、それはそれでアリ?

当然、こんだけ黒が剥がれるのでブレーキシューもちびてしまいます。
シューの溝がなくならない程度で交換する必要があるみたいですが、そのあたりは良く知らなかったので、限界を超えて使用していたようでした。
さすがに交換をしましたが、ブレーキシューはメンテナンスの際にはチェックしましょう。

車体自体にも変化が現れます。
ただ道を走っているだけですが、それでもタイヤが小石を拾ったりしてダウンチューブ他を傷つけます。
さらに自転車をロックするケーブルロック。

走行中はヘッドチューブに絡めているのですが、ここがケーブルロックと擦れて塗装面が削られてしまいました(汗
塗装面は簡単に剥がれてしまうようなので、お気を付けください。

あと、変化があるとしたら、当たり前ですがタイヤ。
Rのキツいコーナーをガンガン攻めるようなアグレッシブな走りではないので、タイヤのエッジ部分は元気ですが、中心部分はツルツルのピカピカ。
そろそろ交換時期が来てますね(汗

スポンサーリンク

体はどうか?

もともとクロスバイクで9ヶ月通っていたので、それほど体に変化は起こっていません。
元々減量しないといけないほど太っていたわけではなく、お腹周りのお肉が落ちればなぁ・・・といった感じだったので。
現状は体重62kg、体脂肪15%くらいを維持しています。

体型に関する変化はそれほど起こりませんでしたが、クロスバイクのころと比べて明らかに違うのは乗車姿勢。
比べ物にならないくらい前傾します(汗
おかげで首や肩が激しく凝り、ちょっとした頭痛にも襲われるようになりました。
サドルも、クロスバイクのものと違って、クッション性は皆無。
40~50分ほど乗りますが自転車から降りたら大事な部分がしびれてたりしますw

・・・もしかしたら笑い事じゃないかもしれませんが(汗

これはレーパンやクッション性の高いパッド的なアイテムを仕込むことで緩和されますし、単純にお尻の痛みも和らぐので必要な場合は使いましょう。

今となっては肩こりも頭痛も大事な部分のしびれもお尻の痛みもなくなりました。
たしか1ヶ月くらいで症状は消えたと思います。
慣れってすごいですねw
多分クロスバイクの経験も良かったんじゃないかと思います。

毎日乗っているにもかかわらず、スタミナと筋肉はなかなかつかないものですね。
年齢的なものもあるのでしょうけど、これ以上、体に負担をかけると、日常生活や仕事に影響が出てしまいそうなので、無理はできません。
年齢に見合った運動量と体型を維持できるレベルで頑張りたいと思います。

まとめ

まだ当面はZENOSで頑張るしかないし、そんなにホイホイ買い替えがきくようなシロモノでもありません。
初めて買うロードバイクで失敗した!なんて思いたくないですし、現時点でZENOSを買ったことを後悔したこともありません。
多少の動作不良も慣れとテクニックで対応することができますし、何よりロードバイクに乗れる日が多いことのほうが重要だと思います。

最初から高価なロードを買って大事に乗るって方法も否定はしませんが、買うまでに時間がかかってしまっては、なんかもったいないですよね。
どのみち初心者には高いロードも安いロードも違いなんてわかんないかもしれませんし(汗

全力で安いロードを勧めるわけじゃないですが、失敗は最初のうちに済ませておいたほうが傷口は小さいだろうという考え方です。
なのであまり参考にはならないかもしれませんが、別段ZENOSでも全く問題なく走れることは証明できたと思います。

これからどうなっていくのかはわかりませんが、末永く付き合っていけたらいいなぁ。

7 Comments

ピエール

初めまして!
私も3月から通勤用に同じ自転車を買いました。
私の場合、春が一年で一番の繁忙期なので落ち着いたら通勤を始めようと思ってます。

記事の更新を楽しみにしています

返信する
footsteps

ピエールさん
コメントありがとうございます。

わざわざこんな場末のブログへコメントいただけるなんて、感謝感激です!

> 私も3月から通勤用に同じ自転車を買いました。

たとえリーズナブルだとしてもしっかりメンテナンスしてあげていればよく走ってくれますので、普段の足としては十分だと思います。

> 私の場合、春が一年で一番の繁忙期なので落ち着いたら通勤を始めようと思ってます。

自転車通勤を始めるにはいい季節ですよねw
まぁ、春に乗り始めてもすぐに夏が来ちゃうんですけどね(汗

> 記事の更新を楽しみにしています

ありがとうございますm(__)m
決して更新頻度は早くないですが、少しずつ更新していきますのでよろしくお願いします!

返信する
かむお

はじめまして!
自分も通学用に同じロードバイクを買おうと思っています!
Amazonで購入しようと思ってるのですが、なにか組み立て時に注意すること、一緒にこれを買ってたら便利、などがあれば教えて欲しいです!

返信する
footsteps

かむおさん
コメントありがとうございます。

> なにか組み立て時に注意すること

組み立てに必要な工具は一式付いていたと思うのですが・・・
自分が持っていたものを使ったのか、付属していたものを使ったのかの記憶があいまいなので、ホントに工具が付属していたかはちょっと怪しいです。
ごめんなさいm(__)m
少なくとも特殊な工具は必要ありません。

組み立て時の注意点というわけではありませんが、スタンドが無いのでフレームにリムを取り付ける際に、もう一人誰かいてくれたらありがたいかもw

ドロップハンドルの角度は試乗していい位置を探してみてください。
私は気持ち起こし気味にしています。
最初は水平くらいにしていたのですが、首のコリがハンパなかったのですぐに再調整しました(汗

難関なのがフロントディレーラー。
リアディレーラーは調整なしでもスムーズにシフトチェンジ出来ましたが、フロントはギアをインナーに落とすとフロントディレーラーにチェーンが干渉してシャリシャリいってました。
この点については記事にも書いてますが、クランクとコンポの相性みたいなところがあるので、完ぺきな調整は難しいと思ったほうがいいかもです。
通学路が平坦ばかりならフロントのインナーギアを使うことは皆無だと思うので、アウター側の調整だけきっちりされてはいかがでしょうか?
何をどう調整すればいいかまったくわからない、自分で調整するのは不安だと思われるのであれば、迷わず自転車屋さんへ持ち込みましょう。

個体差があると思いますので、いち意見としてお読みいただければと思います。

> 一緒にこれを買ってたら便利、などがあれば教えて欲しいです!

少なくとも盗難防止用のロックと防犯登録は必須です。
意外なことに自転車が盗難される場所第一位は駅の駐輪場だそうですので、そういった場所へ止める際にはお気を付けください。
ロックはリムとフレーム、それも前後のリムとフレームを絡められるようなロックと、電柱や何かの支柱を使って地球ロックの2種類を併用することが理想です。
前後のリムとフレームを絡める理由ですが、ZENOSは前後ともにクイックリリースなのでリムとフレームを絡めていないとタイヤだけ持っていかれるケースもあるみたいです。
防犯登録は言わずもがなですね。

あと光量の大きいライトも必須です。
付属しているライトは小型のLEDライトで光量も少なく、夜間の走行に使える代物ではありません。

あれば便利なアイテムとしてはスタンドですが、いつも止める場所にロードを立て掛けられそうなポイントがあれば必要ないかもしれませんね。
長ズボンを履いて乗るのであれば、ズボンの裾を縛るゴムも用意していた方がいいでしょうね。
フロントギアにはカバーが無いので、ズボンの裾を縛っておかないとオイルでビトビト、ギアでザクザクになります(汗

それ以外はお好みで、後から揃えてもいいと思います。
例えば通学でまったり走るんだとしてもグローブはあると快適です。
春先から乗り始めるなら指ぬきグローブがいいですよ。
ロード用のグローブだったらクッション材が入っているのでハンドルからの衝撃を緩和してくれます。

最後にこれだけはお伝えしておきたいと思います。

ロードバイクは少し強めにペダルを回すだけで簡単にスピードが出てしまう乗り物です。
そしてブレーキは手がブラケットの位置だと、とても握りにくいです(汗
これは私自身手が大きい方ではありませんので、個人的な問題かもしれませんが・・・
そのため、減速にはとても気を使います。
「ロードのブレーキは止まるためにあるのではなく、速度を調整するための装置なのだ」と、どこかのブログで読んだことがあるのですが、まったくもってその通りだと思わされましたw

実際に乗られる際にはしっかりと安全マージンを取ってお乗りくださいね。

返信する
かむお

とてもわかりやすく説明していただきありがとうございます!とても参考になりました!!

返信する
のり

とても、親しみやすないようで、笑顔で読めました。人柄が良いのがとても感じます!娘高三、158センチだとどうですかね?乗れますかね?

返信する
footsteps

のりさん
コメントありがとうございます。

> 娘高三、158センチだとどうですかね?乗れますかね?

早速うちの娘(中三159センチ)に乗せてみましたw
ちなみにうちのは運動が苦手で中学校でも部活には所属していないということをお含みおきください。

いちおう、そんな娘でも生まれたての小鹿のようにプルプルしながら乗れましたw
乗れはしましたが、うまく曲がれず草むらにズッコケましたけど(汗
これが「乗れた」といえるのかどうかは微妙・・・というか乗れたとはいえませんね(汗

ゼノスはフレームサイズが一つしかありませんので、調整はシートポストだけになります。
うちの娘の場合はシートポストを下げ切らなくても大丈夫でしたが、体形によっては少し厳しいかもしれません。
ゼノスは安いですが乗れなかったら意味がありませんので、できればフレームサイズが複数選択できる自転車を探された方がいいのかな、と。

お嬢様の身長から考えて気になるポイントとして、先ほど申し上げたシートの調整。
もう一つはデュアルコントロールレバーが操作可能かどうか。
ブラケットを握った状態でしっかりとブレーキングできる手の大きさが必要になります。
スペーサーをかませばある程度は緩和されますが、私も慣れないうちはかなり怖い思いをしました。

乗り降りや自転車の操作については乗って慣れるしかありませんが、十分お気を付けくださいね。

あまり参考にならない返信で申し訳ございませんでしたm(__)m

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください