弱虫ペダル439話のセンサーチップ=パワータグとは?動画で意味が解る!【週刊少年チャンピオン2017年16号】

今回の週チャン16号439話『デスゲーム!!』で手嶋サンと浦久保が交換した公式記録用のセンサーチップ
一体どんなものなのか調べてみましたので、よかったらお付き合いください~。

ロード乗ってるよ~レースも出たことあるよ~知ってるよ~というアナタはスルーでお願いします。
もしくは・・・

中の人
違ってるよ~ってとこがあったら ご指摘いただけると助かります!

 

弱虫ペダル439話『デスゲーム!!』ネタバレ!あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2017年16号】

2017.03.16

最安値更新!88.14%OFFで弱虫ペダル最新話を読む裏技を公開!SPARE BIKEは94.48%OFFから!【週刊・別冊少年チャンピオン】

2017.03.01

スポンサーリンク

センサーチップってどんなもの?

『ロードレース』『センサーチップ』とかって検索すると、『計測チップ』とか『パワータグ』が出てきます。

手嶋純太選手・浦久保優策選手は『センサーチップ』って呼んでました。
でも、自転車部品の分野で世界的に有名なシマノさんなどが開催するレースでは『計測チップ』って呼ばれてるみたいです。

『パワータグ』は株式会社マトリックス製の計測チップで、『POWERTAG™』という名前で商標登録されてます。

この下の画像の、青/黒ツートンの四角いの。
『POWERTAG』って書いてあるのが見えますかね?

公式記録用センサーチップ(計測タグ)

okayama-enduro.powertag.jp

POWERTAG™ MXAT-RC-9

出典:matrix-inc.co.jp

この小さな機械は『POWERTAG™』の中でも自転車レースのタイム計測用に開発されたもので、『RaceTagレースタグ9』って名前がついてます。

重さはたったの16g。
体内に医療機器を埋め込んでいても問題ないんだそうです。
(ペースメーカーつけた人は恐らく自転車レースには出ないでしょうけど)

これをフロントホークの ↓ この ↓ 辺りにタイラップ(ロックタイ)で取り付けます。

公式記録用センサーチップ(計測タグ)

okayama-enduro.powertag.jp

このタグの取り付けられたバイクで受信システムを設置したリザルトライン(ゴールライン)を通り抜けたらピピッとタイムが計測されるわけです。

これなんですよね~。
ロックタイって意外と頑丈です。
浦久保も手嶋サンも自転車を走らせながら『ブチッ』なんて片手で引きちぎってましたけど、本当にそんな芸当ができるのかっていうね。
銅橋正清みたいなバカ力の持ち主や 田所っちみたいなガタイのいい男なら いざ知らず。

でもまぁ、そこはそれ、あくまでもマンガですから、アリとしておきましょうかね。笑

気になるお値段は?

カタログを見せていただいたんですが、本気で導入する必要のある人にしか具体的な値段は開示されないみたいですね。笑

ただ、いろんなレースの情報を見てみると、『返却されない場合は5,000円 申し受けます』なんて書いてあるので、チビすけのくせになかなかのお値段であることだけは分かります。
まぁね、小さな体にパワーを秘めているので、相応かとは思いますが。

ところで・・・

『パワータグ』で調べたらレーシングチームが出てくるけど?

そうなんです。
なぜかと言えば、この『POWERTAG™』を製造している株式会社マトリックスは、自転車のプロレースチームのメインスポンサーでもあるからなんです。

仁義なきマトリックス・パワータグ

出典:www.jbcf.or.jp

チーム名は、その名も MATRIX POWERTAGマトリックス・パワータグ !!

チーム『マトリックス・パワータグ』

出典:team-matrix.jp

社名『マトリックス』と製品名『パワータグ』を背負って走る、プロのレーシングチームです。
本拠は大阪府河内長野かわちながの市。

スポンサーリンク

POWERTAG™ってどんなふうに活用されるんだろう?

『弱虫ペダル』を読んで&観ている限りでは、総北・箱根学園・京伏は、他を寄せつけることなく、いつもブッちぎりでゴールしてます。
だから、あれがフツーなんだろうと思ってたんです。

自転車競技をよく知らずに弱ペダに親しんでいる人の中には、私のように感じてる人が多いんじゃないかと思ってます。

実際には・・・↓ この ↓ レースでの新城 幸也あらしろ ゆきや選手のように、独走をキメることもあるけれど・・・

一方、↓ この ↓ ツール・ド・フランス(2分55秒あたり)のように・・・

ね、けっこう接戦ですよね。
こんな状態だと、人の目ではとても判定できません。
VTR判定だって難しい場合もあるでしょう。
コンマ1秒どころか、コンマ01秒を競うことだってあるでしょうしね。
そんなとき、この『POWERTAG™』なら勝敗がハッキリつくわけです。

さっきの動画みたいに接戦だったり、あるいは もみくちゃになりながらゴールするなんてこと、よくあるみたいです。
そりゃプロの世界になると実力 伯仲はくちゅう ですもんね。
(※実力伯仲・・・実力にほとんど差がなく、優劣ゆうれつをつけることができない様)
むしろ、どこかのチームが独走・・・なんて形には ならないのが通常なのかもしれません。

ちなみに新城選手は、週刊少年チャンピオン2016年09号で わたるん先生と対談されたりもしています。
そういえば少し前、『スポーツジャム』だったかな、夜中のスポーツ番組に一緒に出演されて、ダウンタウンの浜ちゃんにイジり倒されてたこともありました。笑

そんなときにお役立ち! 計測チップ

最初にご紹介した『POWERTAG™』という商品、こんな感じで活用されます。

もちろんですが・・・

センサーを取り付ければ(内蔵させれば)何にでも応用できるので・・・

こんなふうにも活用されてるんです!

小学校に導入されている登下校見守りシステム『ミマモルメ』。

ミマモルメ

出典:www.hanshin-anshin.jp

センサー内蔵のカードやチップを子どものランドセルや名札に入れておくだけで、児童・園児の登下校のタイミングで保護者にメールが自動送信されます。

この『ミマモルメ』というシステムを提供しているのは阪神電気鉄道株式会社。
ICタグには株式会社マトリックスの『POWERTAG』を採用しています。

受信する側のPCや専用の機械の機能を使い分けることによって、時間を『計測』したり、通った時間を『通知』したり、さまざまな活用法があるというわけですね。

この『ミマモルメ』、利用者(保護者)の費用負担は、な、何と!
子どもにICタグを持たせたいな、という保護者が月額420円を支払うだけなんだそうですよ。

 

 

週チャン16号439話『デスゲーム!!』に出てきた『センサーチップ』のご紹介でした。
マトリックスや阪神電鉄の回し者ではありませんよ、念のため。笑

この記事も読んでみてほしいな

弱虫ペダル439話『デスゲーム!!』ネタバレ!あらすじと感想【週刊少年チャンピオン2017年16号】

2017.03.16

【弱虫ペダル(原作漫画)】地味にスゴい!校閲オバサンがツッコミと校正を入れまくるっショ!

2017.05.26

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

『弱虫ペダルふぁん.com』の中の人

ムスメがなかなか次の消しゴムはんこを作ってくれないことと、中国地方での放送が2日後であることに不満を隠せない弱ペダ大好き主婦、42歳。
推しメンは荒北靖友。「バァーカ」ってデコ小突かれたい (//∇//)♡

この記事を読んで弱ペダがもっと好きになったらシェアよろしくね *^_^*♪